1円でも高く中古車を売るなら…「一括査定」経験者が語る注意点は?

読了目安[ 2 分 ]

最近、「車を売るなら○○で!」という中古車専門の売買店のCMをよく耳にします。車を売る際、ネットで一括査定を依頼して専門の売買店を利用する方も増えているようです。

今回は筆者の体験談も含め、車買い取り一括査定を利用する際のポイントをお伝えします。

車の「下取り」と「買い取り」の違いは?

私たちが車を売る理由は、“新しく車を買うので今まで乗っていた車が不要になる”というのが一般的ですね。車の主な処分方法には、「下取り」と「買い取り」があります。

「下取り」は、新車ディーラーや中古車販売店で新たに車を購入する際、不要になった車を買い取ってもらい、購入する車の代金の一部に充てる方法です。1か所で手続きが済むので、時間も手間も節約できるのがメリットです。

一方の「買い取り」は、現金と引き換えに車を売る方法です。中古車専門の売買店が多数存在しますので、直接見積もりを依頼する他、ネットで一括見積もりをすることもできます。複数の売買店で比較すれば、高い値段で売却できる可能性があるのがメリットです。

売りたい車の売却値の目安を持っておく

実は筆者も、少し前に不要になった車を処分する際、新たに車を買うわけではありませんでしたのでネットで一括査定を申し込み、車を売却した経験があります。10年程度乗っていた車なので、家族には「高く売れなくてもいい」と言われ、1人で交渉に臨みました。

一番先にやってきた業者は、「即決してくれたらこの値段だけど、複数社で比較した後では、この値段より下がる」と期待より少し高い値段を提示してきました。本来は複数社で比較する予定でしたが、予想より高い値段だったので契約。「この調子だと査定で1日が潰れる!」という意識も働き、業者の戦略に乗ってしまった形です。

一括査定で車を売却するなら、似たような条件での車の買い取り事例をリサーチするなどしてなるべく高く売れるように交渉しなければメリットはありません。交渉する相手が増えるほど時間もかかりますので、これくらいなら売る、という売却値の目標を持っておきましょう。

中古車売却の際に気を付けること

中古車の売買は、新車の売買に比べてトラブルが発生しやすいので、必ず売買契約書を受け取りましょう。自動車税や自動車重量税、自賠責保険の未経過分、リサイクル預託金の扱いはどうなっているのか、買い取り価格に反映されているのかなどもチェックすると良いでしょう。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。