唐揚げならラクして儲かる!伝説の餃子作り芸人が語る「居酒屋の真実」

読了目安[ 5 分 ]

今回お話を伺ったのは、アミー・パーク所属のお笑い芸人「水町タカオ」さん。
居酒屋のアルバイトで餃子を1日2000個作っていたという伝説の持ち主である水町さんが教えてくれる
「餃子屋を開いてはいけない理由」
とは!?

居酒屋のアルバイトで月収35万を超えたことがあるそうですね?

水町さん

はい。
餃子作り、仕込みが得意で、餃子を皮から作れます。
1日で餃子を2000個ほど作ったこともあります。

今回はその「餃子作り」からお話を伺っていこうと思います。

水町さん

一番こだわっていたのは、要するに、他の芸人さんがアルバイトで「餃子を作ってる」とか仰ってる方も、もしかしたらいらっしゃるのかもしれませんけど、僕は
「皮から練っている」
っていうのがポイントです。
そこで、多分他には、こういう人は中々いらっしゃらないんじゃないかな、と思います。。

1日2000個の餃子を作っていた最強のバイトが語る 次に来る飲食店、マネーゴーランド

小麦粉から作るということですか?

水町さん

粉から作る。
お湯を沸かして練って、その分量を計って。
それも、ある程度分量は決まってるんですけども、より良い食感にするために、そこは店長なんかには内緒で自分で研究して、季節感の湿気であったりとかで、ある程度変えたり。

つまり、温度とか湿度によって、水町さんの感覚で調整していた?

水町さん

分量を変えて練る。微妙なところですけど。

すごいアルバイトですね。

水町さん

要するに、
「最後に固まって練った感じが一定」
にしたいんですよ。
だから、ちょっと温度が熱すぎたりすると、これが柔らかくなったり、例えば、お湯が多すぎると柔らかくなったり、お湯が少なすぎると、今度逆に固まりにくくなったりするんですけども、そういうバラツキを結局抑えたくなるんですよ。
そこには、すごいこだわってました。

今はやってないですか?

水町さん

実はもう卒業したんです。あまりにも、キツかったんで辞めました。

1日2万個でしたっけ?

水町さん

2000個です。

1日2000個の餃子作り。すごいですね、1日2000個って。

水町さん

飲食店というのは大変なんですよ。
飲食業界って。私なんてアルバイトの立場でしたけど、社員さんが現れても、新しく入ってきても、すぐに辞めていかれるんです。
だから、殆どいないような状態で、店長と入れ替わり立ち替わりいなくなる社員さんと、アルバイトも僕ぐらいになっちゃって、3人でお店を回したりしてたんですけど。
なので、お店のメニューの半分近くは、僕が作っていました。

居酒屋の餃子ということですもんね?

水町さん

そうです。
餃子と言っても、ニンニク入りとニンニクなしと、海老餃子と水餃子とゴマ餃子とかですね、辛い餃子とかですね、色々あります。
それも全部1人でやってました。

1日2000個の餃子を作っていた最強のバイトが語る 次に来る飲食店、マネーゴーランド

そこまで経験されたら、ぶっちゃけた話、水町さん、餃子のお店だせますよね?

水町さん

餃子のお店は出せますけど、出しません。
それは何故かというと、お金的な問題ではなくてですね、夢がどうのとかじゃなくてですね、もうしんどいのがわかってるので、絶対にあんなしんどいお店は出さないと。
テイクアウトで
「持ち帰り可能なメニューは、テイクアウトしても構いませんよ」
というコーナーも作ったんです。うちの居酒屋が。
その時に、餃子ってあんまり出ないんですよ。
看板メニューなんですけど、やっぱり唐揚げが一番出るんですね。
唐揚げを見てると、店長が肉を切って、軽く秘伝の味付けをして揚げるだけなので、そんなに時間かからないです。
なので、むしろお店出すんだったら、絶対唐揚げ屋って決めてるので、そういう意味で出さないんです。

唐揚げ屋は出そうと思ってるんですね?

水町さん

めちゃくちゃ出そうと思ってますね。
絶対いけると思ってます、唐揚げが。

ありがとうございました。

<気になる芸人のお金事情!おすすめ関連記事>

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。