大人のギャンブル…子どもにどう説明するべき?【お金の教育】

読了目安[ 5 分 ]

パパ:(TV競馬中継を観ながら)いけいけー!!

ぼく:パパ、一体どうしたの?

ママ:どの馬が一等賞になるか当てる「競馬」を観ているの。馬券っていうチケットを買って当たったらお金が増える仕組みだから、すごく応援しているの。

ぼく:へー!すごいね。お金が増えちゃうんだ。

パパ:あー…(肩を落とし)俺が予想した馬だめだった。惜しかったなあ。

ぼく:ねえママ、だめだったらどうなるの?

ママ:(小さい声で)1円も返ってこないのよ。だから買ったチケット代は丸々損するの。パパはおこづかいの中だけで楽しんでいるみたいだから、私たちの生活には影響ないけれど、世の中には一文無しになってしまう人も多いのがギャンブルのこわいところなのよ。

ギャンブルについて子どもに話していますか?

「わが家では誰もギャンブルなんてやらないわ」、「そもそも子供の前で競馬を観るなんてありえない」と思った方もいるかもしれません。たしかに機会がなければわざわざ話すことではないですが、だからと言って何も伝えずにいるのもこわいと思います。

ギャンブルってこういうことだよと伝えておきたい大切なことは次の5つです。

1:予想が当たったら払ったお金よりもたくさんのお金が返ってくるので、当たったらものすごく嬉しいこと。

2:でも外れたら1円も返ってこない、またはものすごく損をすること。

3:一度でもお金がたくさん返ってくる経験をすると「またそうなるかも」と期待して、何度もチャレンジしてしまい、やめられなくなること。また損してしまうと「次は予想が当たるかも」と期待して、やはりやめられなくなること。そのうち食べ物が買えなくなるまでお金を使ってしまい、最後は家まで失ってしまう人も多いこと。

4:どのギャンブルも、主催している人が営利目的に行っているため、一番儲かるのは主催している人ということ。

5:ギャンブルをやっていい人は、「必ず損すること」をわかった上で、余っているお金しか絶対に使わない人。

6:未成年の賭博行為は法律で禁止されていること。

ギャンブルのことを子どもにどう話したらよいでしょう?

もちろんギャンブルには年齢制限があるので子どもはそもそもやってはいけません。でも、これらの特徴は競馬だけではなくて、CMとかで身近で安心に思える宝くじや、ある意味ゲームセンターにあるUFOキャッチャーだって同じようなもの。だって、いくらお金をつぎ込んでも取れない人もいれば、さくっと100円で取れる人もいますよね。

情報が溢れるこの時代、子供の耳や目にはいくらでもテレビCMやメディアや友達からあらゆる情報が入ってきます。

もし親がギャンブルの話題を避けて、ただただ「だめ」と言われ続けて育った子どもは、その特徴も良し悪しもわからないため、もし友達からの勧めなどでやってみる機会があったら、一体何に注意して楽しめばよいかわかりません。

また、もしギャンブル関係で何かわからないことやトラブルなどがあった時、「ママはギャンブルのことは嫌いだから話すと怒られる」と思い相談できない…なんてことにもなりかねません。

禁止したり避けたりするのではなく、世の中の様々な事柄については特徴を伝え、子ども自身に良し悪しを考えさせることが大事かと思います。ニュースやドラマ、街にあるパチンコ屋さんなど、伝えるきっかけはいくらでもありますので、ぜひ親子で話し合ってみてくださいね。

<ギャンブルについてまず教えたいこと>

・ トータルでは必ず損するものであること
・ 余っているお金で楽しむこと
・ 一度始めるとやめられなくなる仕掛けがいっぱいあるため、意思が弱い人はやめた方がいいこと

<マネー教育に関するおすすめ記事>
「お金が大好き」で何が悪い!幸せなお金であるための3つのポイント
お金を貯めることってえらい !?【親子で話そう!おかねの大切さ】
絶対守るべきお金のルール【親子で話そう!おかねの大切さ】

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。