女性のへそくり平均額は?夫に見つからない隠し場所4選

読了目安[ 3 分 ]

将来のためにへそくりを貯めている方は多いのではないでしょうか。

『株式会社Woman&Crowd』の調査によると、20〜50代の既婚女性のうち、へそくりをしている人は38%で、へそくりの平均額は110万円だそうです。しかし、これだけの額が印字された通帳は、隠し場所に困る!という人も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、あなたの大切なへそくりを守る隠し場所のアイディアをお話します。

隠し場所には要注意

へそくりの場所にはタンスや引出しといった場所が人気のようですが、その隠し場所は変更した方が良いかもしれません。というのも、仮に空き巣が入った場合、タンスや引出しはあまりにもお金の隠し場所として定番すぎて、すぐに盗まれてしまう可能性が高いから。

もちろん泥棒に入られてしまったら、居間や書斎、台所まで隅々と調べられますから、へそくりの隠し場所は「夫や家族に見つからなければ良い」というものでもないようです。

へそくりの場所1.金庫

では、どのようにへそくりを隠せば良いのでしょうか。一つは、へそくりを金庫に入れてしまう方法があります。金庫と言われると、むしろ空き巣からすれば怪しいのでは?と思われるかもしれません。

しかし、金庫であれば、空き巣に入られても大切な貴重品を守るものとして作られていますから、最も安心して守ることができる方法と言えるでしょう。おすすめとしては、人力だけでは簡単に運ぶことができない、ずっしりとしたものが良いと言えます。

ただし家族がその金庫を簡単に開け閉めできるようでは、へそくりがバレやすいため、その点には注意が必要ですね。

へそくりの場所2.車内

続いての隠し場所は車の中に隠すのが良いでしょう。車の中に隠すメリットとして、他の人から見られやすい場所であるということです。

当たり前ですが、空き巣は他人から見られることに強い抵抗があります。従って、車の中のような見られやすい場所で長時間物色することは難しいのです。車の中なら、スペアタイヤの裏などがよいかもしれません。

へそくりの場所3.庭

上記と同じ理由になりますが、庭なども良い隠し場所になりますね。庭に埋めるのも一つの手ですし、植木鉢の中に入れてしまうという選択肢もあります。

ただし、埋める場合には現金にしろ、通帳にしろ、雨に濡れるという危険性があるので、ビニール袋等にしっかり入れて保管するとなど十分に注意が必要です。

へそくりの場所4.説明書の箱

最後に説明書の箱に閉まっておくという選択肢もあります。家の中には様々な説明書の箱があるので、それを全てチェックするのは難しいと言えるでしょう。しかし、説明書の箱などは間違えて捨ててしまうこともあり得るので、捨てないように注意しましょう。

<賢くお金を貯める!おすすめ関連記事>

お金持ちになる財布の色や特徴は?新しい財布を使い始める最適な日
貯金箱や少しのコツでお金が貯まる!5つのおすすめ貯金方法
貯金額・貯蓄額はいくら?お金持ち・貧乏が多い都道府県ランキング

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。