絶望は2/11だけじゃなかった…2017年「祝日つぶれまくり問題」って?

読了目安[ 3 分 ]

2017年が始まって1ヶ月以上が経ちました。そろそろ仕事をしっかり頑張らないといけない!と思う方も多いですが、やっぱり休日が多いと嬉しいですよね。

しかし、今年のカレンダーを確認してみたところ2017年には祝日が4回も土曜に吸収され、平日休みがない月がなんと4回もあるのです。今回は、2017年の休日事情について調べてみました。尚ここでは、月曜〜金曜日は仕事があり、土曜日と日曜日が休日の方の場合として考えています。

今年はシルバーウィークが存在しない!?

長い連休が取れるシルバーウィークに旅行計画を立てる人も多いでしょう。上手くいけば5連休と非常に魅力的なシルバーウィークですが、今年はなんと3連休しかありません。

土日が休みの会社であれば、休みがたった1日増えただけです。旅行どころか通常の祝日とあまり変わらないので、今年は家でおとなしくして家族サービスをするのが良いでしょう。

ゴールデンウィークはいつも通り

そしてシルバーウィークがないと聞くと、不安になるのが「ゴールデンウィークはどうか?」ということですよね。ゴールデンウィークもなくなるのではないかと思われた方、安心して下さい。ゴールデンウィークはいつも通り5連休があります。もしゴールデンウィークの間にある平日に休暇をとることができれば9連休を楽しむことができます。

こちらは十分に休みが取れそうですね。祝日が少ない2017年だからこそゴールデンウィークは思い切って旅行計画を立てるのも良いかもしれません。

今年はキャリアアップにつなげる年

2017年は祝日少なすぎ!次のラッキー年はいつ?【直近10年の休日日数調査】でも紹介していますが、むこう10年で最も休日が多いのは2026年だそうです。そして2017年は最も休日が少ない年だとか。

ポジティブに考えると、今年は仕事を踏ん張る年という捉え方もできます。仕事という制約がある中で休みがたくさん欲しいと思うのか、平日だけでもばりばり働こうと思うのとでは、目に見える成果も大きく変わります。

キャリアアップのためにも、こういった休日の少ない年にこそ成果を上げて、次の休日が多い年には思いっきり休日が取れるように頑張りたいものですね。

<知らないと損しまくり!おすすめ関連記事>

どんどんお金がなくなる!財布でわかる「絶対お金持ちになれない人の特徴」
収入は十分でも……実は毎月金欠で苦しむ「隠れ貧乏」の典型的特徴3つ
月末に辞めると損or得⁉︎ 「退職日には避けるべき」3つの魔の日

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。