開運に不可欠!物事を仕切り直す2月8日の事始め・事八日の意味

読了目安[ 3 分 ]

2月8日は何の日かご存じですか?

実は「事始め」(ことはじめ)もしくは「事八日」(ことようか)などといい、昔から大切な行事が営まれてきた日なのです。

「御事始め」(=事始め)をデジタル大辞泉で引いてみると、このように記載されています。

江戸時代、陰暦12月にすす払いなどをして、正月の準備を始めたこと。
江戸では8日、上方では13日に行った。事始め。御事。⇔御事納め。
東国で、陰暦2月8日に行った、その年の農事の始めの行事。
事始め。御事。⇔御事納め。→事八日(ことようか)

御事始め(オコトハジメ)とは – コトバンク

一説によると、神様の事始めを12月8日、事納め(ことおさめ)を2月8日とし、人や農事の事始めを2月8日、事納めを12月8日とする場合もあるそうです。

暖かくなり始める旧暦の2月8日が当時の「仕事始め」だった、というわけですね。

2月8日は針供養の日

そんな2月8日に執り行われる行事として、有名なものに「針供養」があります。

曲がったり錆びたりして使えなくなった縫い針を土に埋めたり、豆腐やコンニャクなどに刺して川に流したり、神社に納めるなどして普段お世話になっている針を供養するもので、各地の淡島神社や浅草寺、大阪天満宮などで行われています。

いつもは固いものに刺しているのを、この日だけは柔らかいものに刺して針を休めてあげ、労をねぎらうことで針仕事の上達を祈願するそうです。

お事汁で魔除け・無病息災

また地方によっては、魔除けや無病息災を願ってこの日に「お事汁」を食べる習慣もあるそうです。

お事汁とは、里芋や根菜、小豆、コンニャクなど野菜がたっぷり入ったお味噌汁で、六質汁(むしつじる)などとも呼ばれています。

ビタミン・ミネラル・食物繊維・タンパク質など、栄養バランスが非常にすぐれているので、無病息災を願うのにもってこいのごちそうと言えるでしょう。

また事八日には悪魔や妖怪がやって来て悪さをすると言い伝えのある地方では、軒先に魔除けとして柊に刺した鰯の頭や唐辛子、ニンニクを飾る風習があります。

逆に恵比寿・大黒などの福の神が家を訪れるとされる地方では、お餅や団子などを供したりするそうです。

事始めは仕切り直しの良い機会

事始めは、いにしえの時代では新年の仕事始めの日でもありました。

「今年もグダグダっと始まって、このままなし崩しに終わってしまいそうだなぁ……。」という人は、昔の人の事始めに習い、今年の目標を新たに立てて新しい年を仕切り直してみてはいかがでしょう。

まずは栄養たっぷりの「お事汁」を飲んで英気を養いましょう!

もっと幸運を呼び込みたい!おすすめ開運記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。