休日出勤で手当てがもらえる!「35%の割増賃金になる」場合は…

読了目安[ 3 分 ]

会社から「次の休日は出勤してくれ」と言われて、休日出勤をして別の日に休んだことがありませんか?実はその休日出勤が振替か代休かによって、割増賃金が異なります。その違いを見てみましょう。

振替になるパターン

繁忙期など仕事が忙しい時に「今度の休日は出勤してくれ」と上司から言われた場合、断る人はいないかと思います。その時に例えば「1日の休日は出勤をしてくれ。その代りに3日は休んでいいよ」と言われた場合の3日が振替となります。

事前にあらかじめ振り替えるべき日を特定しています。この振替は単に休日を振り替えただけなので割増賃金は発生しません。

代休になるパターン

上司から「明日は仕事の納期が迫って忙しいので、休みだけれど出勤をしてくれ」と言われ、替わりの休日を指定されないまま出勤をして仕事をしました。そして帰る時に「今日の休日出勤の分は明日か明後日1日休んでいいよ」と言われ、次の日休んだ場合が代休にあたります。

これは休日労働を行った後で、その代償としてその後の特定の日の労働を免除することになり、休日労働はすでに行われているので割増賃金が発生するのです。

代休の場合、事前に休みが指定されません。そのため、休日に出勤をしたのでその日は休日出勤となり、35%の割増賃金が必要となります。いくら別の日に休ませたからと言って払わないと法律違反となります。

振替と代休の違い:事前に休みが指定されるかどうか

休日出勤とは、書いて字のごとくお休みの日に出勤をして仕事をすることです。お休みなのに仕事をしたと言うことで35%の割増賃金が発生します。振替の場合、割増賃金が発生せず、反対に代休の場合は発生することに。

どこがどう違うのか簡単に説明すると「休日に出勤をすることになった時に、事前に休みが指定されるかどうか」です。事前に指定された場合には、振替となって割増賃金はありません。

就業規則で確認しよう

また、注意をしてほしいのが就業規則です。実は振替を実施するには、就業規則に「休日を他の日に振り替えることがある」旨を記載しなければなりません。この記載がないといくら事前に休みを指定しても代休になります。一度就業規則も確認をするとよいでしょう。

ただし、社員が10人未満の会社は就業規則作成の義務がないので作っていないかもしれません。その場合はそれに代わるものを作成して社員に周知をしなければならないので、たぶん就業規則がない会社は、振替ができないものと考えていいかと思います。

今後「休日に出勤をしてね」と言われて事前に別の休みの日が指定されたかどうか確認をしておいてください。指定されなければ(つまり休日に出勤をしてその日にこの日に代わりに休んでくれと言われた場合)給与明細に休日出勤の手当が支払われているかどうかチェックすることをお勧めします。

<頑張る会社員を応援する!おすすめ関連記事>

雇用保険の改正で退職後の失業保険はどうなる?3つの改定ポイント
何分遅れたら減給される?会社員は知っておきたい「就業時間と給料の話」
覚えておきたい大事なこと、会社が倒産! 私の退職金どうなるの?

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。