申告しなきゃ大損!「セルフメディケーション税制と医療費控除」まとめ

1

読了目安[ 5 分 ]

お正月が終わり、節分で豆を食べたら…「確定申告」です。毎年の事ながら、ウンザリな気持ちになる自営業者(もしくは高額所得者)の皆さん、今年こそは早く片付けてしまいましょう。

対して、そんなことは年末調整で済ませたから必要ないよ、と思っているサラリーマンの皆さん…ちょっと待ってください!

確定申告をしないとできない、節税対策「医療費控除」があるのを知っていますか。

家族全員で医療費10万円以上ならば要チェック!

2017年1月から新設された「セルフメディケーション税制」について説明する前に、従来の医療費控除について、確認しましょう。

1月1日から12月31日の1年間に、支払った医療費が10万円を超えた場合、超えた分を所得から控除することができます。(医療機関で支払った診察代や入院代、薬代などが対象で、美容目的などの全額自己負担費は含めません。)

この10万円は、生計を一にする家族皆で合算できますが、ここから健康保険で支給される高額療養費や、民間の保険会社から支払われる給付金は、差し引く必要があります。
(所得が200万円未満の人は、10万円ではなく総所得金額の5%になります)

課税所得500万円の人の計算例

例えば、課税所得500万円の人の下記のケースを考えてみましょう。
・1年間の医療費27万円
・保険会社からの給付金12万円

医療費控除:27万円-12万円-10万円=5万円
節税効果:所得税5万円×20%(税率)=1万円
個人住民税 5万円×10%=5,000円

結果は、税金が15,000円も安くなります。
自分や家族が入院をした年など、このくらいの医療費がかかることはめずらしくありませんよね。

新設「セルフメディケーション税制」

さて、今年から新設された「セルフメディケーション税制」ですが、正式名「医療費控除の特例」とあるように、今のところ2021年までの期間的な制度になります。

この制度は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として厚生労働省が提案しているもので、毎年増加し続ける医療保険費を押し下げる目的があります。

われわれ個人としては、
「病気になってお金がかかったら、税金を減らしてもらえる」から、
「病気になる前に、自発的にかけた予防費用で、税金を減らしてもらえる」訳ですから、ぜひ積極的に活用したいものです。

具体的な内容は、「スイッチOTC医薬品」と定義されている市販薬を購入した費用や、健康診断・予防接種などにかかった費用が、1年間で12,000円を超えた場合、超えた金額について、所得金額から控除するものです。従来の医療費控除とは併用できませんが、控除額が同じであれば、効果は従来の医療費控除と同じです。

ポイントは、ドラッグストアで販売している薬の中でも、「スイッチOTC医薬品」でなければならない点や、勤務先や市が行っている健康診断でないと、この制度には当てはまらないところです。

この制度、今年から施行ということは、来年の確定申告から適応されるものなのです。
よって、今後1年かけて細かな規定が整備されていくと思われます。

皆さんが今年1年にやるべきことは

・市販薬を購入する際は「スイッチOTC医薬品」マークを注意してみること
・ドラッグストアで買い物をした際は、レシートを取っておくこと
・予防接種などの領収書も、必ず保管すること

節税はコツコツとした積み重ねが必要です。まずは従来の医療費控除に該当するか確認をし、忙しい日常の中、時折この記事を思い出して、今年は「マメ」にレシート集めに取り組みましょう。

<スイッチOTC医薬品を実際に見てみる>

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。