セルフメディケーション税制を解説!還付金はいくら?計算と目安

読了目安[ 10 分 ]

みなさんは、医療費控除を知っているでしょうか。一般的にサラリーマンは、住宅ローンを組んだときやふるさと納税をしたとき以外は確定申告をする必要がありません。

医療費控除とは、自分や家族が大病を患ったり、事故にあって多額の医療費がかかったときに確定申告をすると、医療費が10万円を超えた部分に対して、所得から控除できる所得控除の1つです(厳密には10万円以下の医療費も対象の場合があります)。詳しくは以下を参考にしてください。

参考|医療費控除の金額はいくら?計算方法は?風邪薬や通院交通費も対象に

ところが、多くの人は1年間でかかった医療費の把握はしていないため、医療費控除の存在や内容をそれほど知りません。医療費控除は、多くの人が税金の還付金が期待できる制度にもかかわらず、もったいないことです。

ちなみに、勤労世帯の1年間の医療費は平均で13万円以上もあるため、意外と多くの家庭が医療費控除の対象になるはずです。

出典|平成29年度家計調査報告|総務省

このような状況の中で、国民の健康の維持増進を期待して、新たに「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」がスタートしています。こちらも確定申告が必要なのですが、一体どのような制度なのでしょうか。

今回は、セルフメディケーション税制の内容と確定申告によって返ってくる還付金についてお話します。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とは

セルフメディケーション税制とは、医療費控除制度の適用条件(年間の自己負担医療費が10万円超)に該当しなくても、厚生労働省が定める「医療用から転用された特定の成分を含んだOTC医薬品」の年間購入代金が1万2000円を超えた場合に医療費控除が受けられる制度です。

控除額は1万2000円を超えた部分から上限金額8万8000円までとなっており、通常の医療費控除とセルフメディケーション税制の併用はできません。

特例の目的

セルフメディケーション税制の目的は、厚生労働省においては、健康の維持増進及び疾病の予防の取り組みのためとされています。

もちろん、わたしたちが日々身体の健康を気遣うために医薬品を上手に使うことができれば、「健康の維持増進及び疾病の予防」を今よりも実現することは可能でしょう。

ただ、セルフメディケーション税制の目的はそれだけではなく、国民1人1人が自分の体調を管理し、病院での医療を受けなくても良い状態を少しでも作ることができれば、今後益々増えることが予測できる医療費の抑制に少しでも寄与する可能性があるためです。

特例の適用条件

セルフメディケーション税制を申請したい対象者は、以下の3つの条件全てに該当しなければいけません。

1.所得税、住民税を納めている
2.特定健康診査(メタボ健診)、予防接種、定期健康診断(事業主健診)、健康診査、がん検診を受けている
3.年間で対象OTC医薬品の世帯購入額が1万2000円を超えている

セルフメディケーション税制の申告対象者は、購入したOTC医薬品のレシート(領収書)、または明細書を確定申告時に提出しなければいけません。そのため、OTC医薬品を購入した際のレシート(領収書)は、保管しておきましょう。
※以下で説明

セルフメディケーション税制のために1年でやること

では、これからみなさんがセルフメディケーション税制の恩恵を受けるためにやらなければいけないことは何でしょうか。

1.市販薬購入時にスイッチOTC医薬品マークを確認

セルフメディケーション税制対象のOTC医薬品には、専用の対象マークがついています。マークは製品パッケージの正面やJANコード付近に表示されますが、割と小さいため見逃さないようにしてください。

ただし、対象マークは表示義務がないため、マークの有無だけでは判別がつかない場合があります。

2.市販薬購入時にレシート・領収書を確認

セルフメディケーション税制対象のOTC医薬品を購入すると、レシートに対象製品であることが表記されます。以下、タケダ健康サイトに例示されたレシートを使って説明します。

参考|セルフメディケーション税制 | タケダ健康サイト

レシートの種類1.購入品がまとめて印字されたレシート

商品名の先頭などに★などセルフメディケーション税制対象商品を表すマークがレシートに記載されている場合があります。また、「セルフメディケーション税制対象商品」などの印字がある場合があります。

レシートには、商品名、金額、販売店名、購入日の印字が必要です。

レシートの種類2.購入品が分けて印字されたレシート

セルフメディケーション税制対象商品のみまとめて印字されている場合があります。その場合、同じ欄内に、税制対象品目である旨が明示されます。

先程同様、レシートには、商品名、金額、販売店名、購入日の印字が必要です。

レシートの種類3.明細出力されないレジでのレシート

通常のレシートにセルフメディケーション税制対象商品が印字などされない場合は、税制対象品目分だけ分けて印刷される場合があります。

その際、セルフメディケーション税制対象商品である旨、金額が記載されていない場合は、手書きで記入しなければいけません。また、商品名、販売店名、購入日の印字も必要です。

手書きの領収書

手書きの領収書の場合も上記のレシートと同様、商品名、金額、販売店名、購入日の印字、または記載が必要になります。ただし、領収書の場合は、領収書発行を依頼する人が、税制対象商品の認識をしておかなければいけません。

3.対象OTC医薬品のレシート・領収書は保管

薬局、ドラッグストアで買い物をした際は、対象OTC医薬品かどうかの判別も必要ですが、まずはレシートをファイルなどに取っておくことを忘れないようにしましょう。

レシート・領収書を保管している段階では、今使っている医療費が医療費控除とセルフメディケーション税制のどちらに申請した方が良いのかは判断できません。最終的にどちらの控除額が多いか計算して、有利な方で申請できるように準備をしておいてください。

4.健康診断・予防接種などの領収書や結果通知表の保管

前述した通り、セルフメディケーション税制を申請するためには、特定健康診査(メタボ健診)、予防接種、定期健康診断(事業主健診)、健康診査、がん検診などを受けている必要があり、確定申告時に関連書類が必要になります。

1.特定健康診査(メタボ健診)

医療保険各法や健康増進法に基づいて健康診査(メタボ健診)を受けた場合は、検査費を支払った際の領収書(原本)か結果通知表(コピー可)を確定申告時に提出します。領収書または結果通知表に「特定健康診査」か、健康保険組合などの保険者名の記載が必要です。

「特定健康診査」や保険者名の記載がない場合は、保険者に「証明依頼書(保険者あて)」を送り、特定健康診査の証明書を郵送してもらい提出します。

2.予防接種

予防接種法に基づいてインフルエンザなどの予防接種を受けた場合は、領収書(原本)か予防接種済証(原本)を提出します。当たり前ですが、家族の予防接種ではなく本人の予防接種の証明が必要です。

3.会社の定期健康診断

会社の定期健康診断とは、事業主に年1回以上の実施が義務付けられている健康診断のことです。「定期健康診断」や保険者名が記載された結果通知表(コピー可)を確定申告時に提出します。

もし、「定期健康診断」や勤務先名・保険者名の記載がない場合は、保険者に「証明依頼書(保険者あて)」または勤務先に「証明依頼書(事業者あて)」を送り、定期健康診断の証明書をもらって提出します。

4.人間ドックやがん検診などの健康診査

健康増進法などの規定に基づいて人間ドック、がん検診、骨粗鬆症検診などの健康診査※を受けた場合は、領収書(原本)か結果通知表(コピー可)を確定申告時に提出します。

もし、勤務先名や保険者名の記載がない場合は、保険者に「証明依頼書(保険者あて)」、または勤務先に「証明依頼書(事業者あて)」を送り、健康診査の証明書をもらって提出します。

※上記以外にも、特定保健指導を終了した場合や高齢者の肺炎球菌感染症の定期接種などを受けた場合は「一定の取組」に該当します。なお、一定の取組の証明方法は、以下のリンク先PDFを参考にしてください。

参考|「一定の取組」の証明方法について|厚生労働省

5.市町村のがん検診

健康増進法の規定に基づいて市町村が実施するがん検診を受けた場合は、領収書(原本)または結果通知表(コピー可)を確定申告時に提出します。

所得控除金額と還付金

では、実際にセルフメディケーション税制の申請をした場合、どのように所得控除され、いくらの還付金が返ってくるかをシミュレーションしてみます。なお、対象商品の年間購入代金には消費税も含まれます。

OTC医薬品の購入例

たとえば、重度の花粉症の人は、病院での処方薬の他に、もしものときのために市販薬や目薬などを購入する場合があるでしょう。

花粉症の内服薬ではアレグラFXやアレジオン10など、目薬ではアイリスAGガードやマイティアアイテクトアルピタットなどがセルフメディケーション税制の対象になります。

参考|市販の目薬や点鼻スプレーも医療費控除の対象!花粉症用の医薬品一覧

家族揃って花粉症の場合、12錠5包のアレジオン10を3箱で7000円、マイティアアイテクトアルピタットが3つで3600円……この時点で1万円を超えています。

「風邪気味かな?」と思ったら、早めに飲んで風邪に備える風邪薬は常備していますね。風邪の諸症状に効く30錠のベンザブロックLは2箱で3600円です。

女性は偏頭痛持ちや生理痛のため、鎮痛剤が必須ですね。頭痛・生理痛に効く40錠のイブクイック頭痛薬DXを4箱で5000円、さらに最近便秘気味なので60錠のビオフェルミン便秘薬を2箱購入して2000円です。

旦那さんが水虫で悩んでいるため、30mLのニュータムシチンキゴールドを2箱で2400円、さらに、最近血中コレステロールも気になるのでコレステガード 90カプセルで3000円……。

合計で2万6600円になります。どうでしょうか。上記の薬などの購入は普通にあることではないでしょうか。他にも、胃腸薬、下痢の薬、眼精疲労の薬、鼻炎薬など、購入してもおかしくない薬はたくさんあります。

所得控除額と還付金目安

上記から、セルフメディケーション税制の所得控除対象になる金額は1万4600円です。対象者の年収が500万円だと所得は346万円で、1万4600円に税率20%を乗じて、還付金は2920円になります。

年収400万円の目安
2万6600円-1万2000円=1万4600円
1万4600円×10%=1460円

年収500万円の目安
2万6600円-1万2000円=1万4600円
1万4600円×20%=2920円

年収1200万円の目安
2万6600円-1万2000円=1万4600円
1万4600円×23%=3358円

さらに、住民税からも税金が10%還付されるため、それぞれ「1万4600円×10%=1460円」がプラスされます。

「なんだ……たかだか数千円のために、確定申告しなくちゃいけないのか……。」と思うかもしれませんが、あくまでもセルフメディケーション税制は「医療費控除の特例」であり、なるべく多くの国民が医療費控除を受けられるために作られたものです。

そのため、通常の医療費控除額とセルフメディケーション税制の医療費控除額を比較して、節税効果が高い方を選んで確定申告をするようにしましょう。

もし、入院治療費など医療費を年間で20万円、30万円と使った場合は、OTC医薬品の金額も含めて医療費控除ができるため、今のうちに知っておいて損はないはずです。

医療費控除の確定申告について

確定申告で医療費控除を行う場合は、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」などを利用して、パソコンから申告書を作成できます。

なお、通常の医療費控除、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)のどちらも、確定申告の際にレシート・領収書を提出する必要はありません。

上記には必要な旨を記載しましたが、このあたりの決まりは随時変わる可能性があります。また、提出の必要はないといっても、代わりに提出する書類はありますし、薬局などでもらったレシート・領収書は5年間保持する必要はあります。

レシート・領収書の代わりに提出する書類は、「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」です。この明細書には、レシート・領収書の記載項目と同じく、以下の4つを税制対象品目毎に記載しなければいけません。

①薬局などの支払先の名称
②医薬品の名称
③支払った金額
④支払った金額のうち生命保険や社会保険などで補填される金額

「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」は、以下を印刷して使用してください。

参考|セルフメディケーション税制の明細書|国税庁
参考|医療費控除の明細書|国税庁

繰り返しますが、購入したOTC医薬品の代金を「通常の医療費控除」「セルフメディケーション税制」のどちらに使うかは、対象者自身で選択する必要があります。

そのため、どちらも十分に理解して対応できるようにしておきましょう。節税は積み重ねが必要です。まずは、レシート捨てずに保管し、1年経った時点で従来の医療費控除に該当するか、セルフメディケーション税制に該当するかを確認してください。

ちなみに、セルフメディケーション税制は、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの時限措置となっており、以降どうなるかはまだわかりません。使えるときに賢く使っておきたい制度ですね。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。