タクシー初乗り運賃410円に値下げで得する距離・損する距離が判明!

読了目安[ 2 分 ]

東京23区と武蔵野市、三鷹市のタクシー料金が、2017年1月30日より一新されました。

以前は初乗り2kmで730円と短い距離を乗るには高い料金設定だったのが、1.052kmで410円と初乗り料金が安くなっています。

初乗りが安くなることは嬉しいけど、正直価格設定が細かくてよくわからない!という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、タクシーの新料金でどれくらいの距離であれば得なのか?ということについて調べてみました。

尚、今回の記事では日本交通株式会社のデータを元にしています。

タクシー料金が安くなる?

そもそもタクシー運賃がなぜ変わるのでしょうか。様々な見方がありますが、距離が短いときの割安さをアピールして新規顧客獲得を狙いとしているようです。

実際のところ短い距離の移動であれば、730円と410円では大きな違いがありますよね。

タクシー料金が安くなるならどんどん使おう!と考える人が出てくるかもしれませんよね。
ただ、実際に計算をしてみるとそう簡単な話でもなさそうです。

新料金で得するのは何キロの距離を利用したとき?

では、実際にどれくらいタクシー料金が安くなるのかということを1km〜3kmの距離ごとに考えてみましょう。

まずは、現行のタクシー料金です。現行のタクシー料金は初乗り2kmで730円、その後は280mごとに90円です。
走行距離1〜3kmの場合の料金を計算してみると、以下のようになります。

  • 1km:730円
  • 2km:730円
  • 3km:1,090円

一方で、新しい運賃ではどうでしょうか。こちらは初乗り1.052kmで410円、その後は237mごとに80円となっているので、1〜3kmの場合の料金は以下のようになります。

  • 1km:410円
  • 2km:730円
  • 3km:1,130円

結論:短距離の利用ならお得

結論として、走る距離が1kmのときはお得になるということです。2kmではこれまでと同じで、3kmでは40円価格が高いという結果になっています。

さらに加算運賃については1mあたりで計算してみると、現行だと0.321円ですが、新料金では0.337円と、わずかながら新料金では高くなります。
そのため、2km以上タクシー利用する場合は、これまでよりも高い料金が必要になるということです。

1kmならばワンコイン以下で、気軽にタクシーを利用できるようになる反面、2km以上やもっと長距離の利用の場合は、これまでより高額になるという注意が必要となりますね。

Q. 東京都のタクシー初乗りが410円に。実際のところ

初乗りが安くなって良かったという人が過半数以上を記録。「悪くなった」という人の3倍の数字を残したので、好評を得ているといえそうです。

1.052kmまで410円で乗れるということで、複雑な道で迷子になったとき、雨の日に出かけたいときなどにも使えるでしょう。

さらに調べたところ、不動産業者や住宅のサイトでは80mの距離を「徒歩1分」として表記しているそう。その計算でいくと1.052kmは徒歩約13分の距離ということに。「13分かかる距離を410円で乗れる」なら、初めての場所へ行ったり、複雑な道を行く際には重宝しそうですね。

※上記集計は2017年3月にマネーゴーランド編集部が、お小遣いがたまるアンケートアプリ『サーチーズ』で実施したものです。(対象:全国の男女、回答数1,127名)
ぜひまだダウンロードしていらっしゃらない方はダウンロードしてご参加ください!!
iPhone版
android版

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。