野菜&ちくわを賢く保存!節約アドバイザー流「ズボラ冷凍保存術」

4

読了目安[ 3 分 ]

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

冬休みに体重が増えちゃった…という方は、10kg痩せた⁉︎ 正月太りを撃退「飲むだけ・運動不要♪甘酒ダイエット」 の減量法を参考にしてみてくださいね。

さて、今回は、【食費節約 ずぼら冷凍保存】です。

野菜が高いときはもちろん、食材は無駄にしないことが食費節約への一番の近道です。
日持ちしない食材や、食べきれないとき、すぐ使わない時は、冷凍保存することがオススメです。

冷凍保存することによって、水分が飛ぶので、味がしみ込みやすくなります。

調理するときに時短できる・ラクできるものをご紹介します。

☆冷凍保存するときのお約束☆

冷凍保存を準備するときも、必ず指先・指の間までしっかり手洗いしましょう。
新鮮な野菜を使いましょう。

【ずぼら冷凍保存】しめじ

【ずぼら冷凍保存】しめじ

しめじは、根元を落として、ほぐします。
このとき、しめじは洗わずに保存袋に入れて、空気を抜きながら封をし、冷凍保存します。

保存期間は2週間が目安です。

調理するときは、凍ったままでOKです。

凍ったまま煮たり、炒めたり、電子レンジで加熱したりできます。

【ずぼら冷凍保存】にんじん

【ずぼら冷凍保存】にんじん

人参は使いやすく切っておきます。
薄いいちょう切り、拍子切りなども大丈夫です。
今回は、スライサーで細く切ったものを冷凍します。

切ったら、そのまま保存袋に入れて、空気を抜きながら封をし、冷凍保存します。

保存期間は2週間が目安です。

これも、調理するときは、凍ったままで大丈夫!

凍ったまま煮たり、炒めたりできるので、朝ごはんやお弁当おかずを作るときにラクチンできますよ。

【ずぼら冷凍保存】ちくわ

【ずぼら冷凍保存】ちくわ

ちくわは、いったん封を開けると、早く食べきりたい食材です。
日持ちしないので、早めの冷凍保存がよいでしょう。

ちくわは切って保存しても大丈夫ですが、凍ったままでも切ることができるので、そのまま冷凍もオススメです。
保存袋に入れて、空気を抜きながら封をし、冷凍保存します。

保存期間は2週間が目安です。

凍ったままで切れるところが嬉しいところです。
料理に応じて使いやすく切りましょう。

今回は、しめじ・にんじん・ちくわの冷凍保存をご紹介しました。

ぜひ、お試しくださいね☆

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

<これまでの人気おすすめ記事>
レンジ汚れも落ちる落ちる!「重曹&玉ねぎのヘタを活用」節約大掃除テク
【世界グルメ旅】1食113円☆スパイス香る「節約ガパオライス弁当」
【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】ビールに合う100円節約おつまみレシピ-1-
【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】1週間(5日間)1,000円以内で作るお弁当~5日目~

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。