最大月7万円!「クラウドソーシングで給料がいい&悪い仕事」ランキング

読了目安[ 4 分 ]

クラウド・ワーキングは、会社勤めはできないけれど、少しでも稼ぎが欲しいという方が比較的簡単にはじめられるお仕事として、今では一般的になってきました。

さて、そんなクラウド・ワーキングですが、実際のところお給料面はどうなのでしょうか。こちらでは、給料がいい仕事とそうでない仕事をランキング形式でご紹介したいと思います!

日本労働組合総連合会が発表している『クラウド・ワーカー意識調査』(2016年12月実施)で全国の20歳以上のクラウド・ワーカー1,000名の回答結果より、クラウド・ワーカーの仕事別平均月収額をランキング形式で発表します!

クラウド・ワーキングで給料がいい仕事TOP3

第1位:システム設計・開発、プログラミング 73,908円
第2位:Webサイト制作・Webデザイン 65,762円
第3位:ネットショップ構築 62,705円

クラウド・ワーキングで給料が悪い仕事TOP3

第1位:文書・データ入力、事務、伝票整理 19,198円
第2位:ライター 21,639円
第3位:調査・マーケティング 26,875円

ちなみに、各お仕事を総合した平均月収額は45,650円で、専業の人だけでみると平均73,268円、副業の方では平均30,249円でした。専業と副業だと、確保できる時間の関係などから大きな差がみられますね。

月収に対する満足度はどのくらい?

平均月収だけ見ていても、どれだけの時間や労力がかかってこの額なのか、満足できる給与額なのかわかりませんよね。そこで、同調査結果から仕事に対する満足度もみてみました。

クラウド・ワーカー全体では、「とても満足している」「まあまあ満足している」を合わせると全体の 51.6%、「やや不満である」「とても不満である」の合計は48.4%でした。半数以上は満足しているものの、一方で半数近くが不満に感じているという結果に。仕事内容や依頼者によって差がありそうです。

満足度が高いのはこの仕事

では、収入に関して満足している方の割合が高い仕事は何かというと、1番満足の率が高かったのがシステム設計・開発、プログラミングのお仕事(77.3%が満足と回答)。給与がいい仕事ランキングでも1位でしたね。

一方で、一番満足率が低い、不満に感じている人が多い仕事はライター(74.6%が不満足)です。給与が悪い仕事ランキング第2位というところで、仕事内容に見合った給与ではないと感じている人がとても多いようです。

その他の仕事を見比べてみても、やはり平均月収額が高い仕事ほど満足度も高くなっています。ただ、給与が高い仕事はプログラミングやWebサイト制作・デザインなど専門性がとても高い仕事です。やはり、手に職をつけていればクラウド・ワーキングの世界でも強い!ということのようですね。

<副業で稼ぐ!おすすめ関連記事>

副業が会社にバレたら解雇は正当?憲法違反?認めさせる方法は
しくじり先生から学ぶ!副業やったら「失敗しちゃった芸能人」
芸能人だって副業で稼ぎまくり⁉︎「複数の肩書きをもつ」有名人3名

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。