20世紀はやっぱり激動だった!資産価値が無くなる…金の暗黒時代とは

読了目安[ 3 分 ]

金利上昇と株式相場が上昇している中、金の値段がしばらく下がるかもしれません。そこで、20世紀末に、金を持つことが馬鹿にされた時代を振り返ってみましょう。

資産としての価値を失いかけた20世紀末

20世紀末、金は資産としての価値を失いかけたことがあります。工業用としての用途や装飾品としての価値は保っていましたが、資産運用として金を持つことの優先順位はかなり低かったのです。

それには、幾つかの理由が絡みます。金をあらたに掘り出す産金量の増加や中央銀行の売却などもありますが、特に大事なことは、「平和と金融技術の進歩」でした。

★冷戦終結によって、世界全体が平和に向かい、戦争等で紙幣・国債・土地が価値を失うリスクが減る。
★金融技術の進歩で、資産運用手段が増えた。

冷戦終結

20世紀末は、米国とソ連の二超大国が君臨し、世界中が両陣営に分かれて軍拡競争を繰り広げていた時代でした。ノストラダムスの予言では、1999年に人類は滅亡すると言われており、真剣に信じていた人もいたくらい。

大規模戦争が起きるかどうか一触即発の状態。あちこちで、米ソの代理戦争が行われ、核戦争の脅威に人類はおびえていました。その頃の映画「ウォーゲーム」や漫画「北斗の拳」などにその影響は表れています。

ところが、軍拡競争に敗れたソ連および東側諸国は、崩壊への道をたどります。そして、遂に世界に平和が訪れました。

東西冷戦終結で世界が平和になったとは言えないのは現代に生きる我々は知っての通り。
ただ、当時は、世界平和がトレンドになり、欧州諸国を中心に金を持って他国に逃げなければいけないリスクは減りました。

ということは・・・資産のラストリゾート・安全資産としての金の価値は下がってしまいます。

金融技術の進歩:ロケットサイエンティストの登場

さて、もう一つの要因として、金融技術がこの時代に大きく進化したことがあげられます。

冷戦終結は、米ソの優秀な科学者を軍事技術の開発に専任させる必要をなくしました。軍事費が削られて職を失った彼らが、こぞって金融業界に職を求めて、金融技術が大きな進歩を遂げるのです。

金の暗黒時代、マネーゴーランド

宇宙に行くより金儲け

宇宙への夢や核ミサイルの開発よりも、金融技術の革新に人とお金がつぎ込まれ、デリバティブ(金融派生商品)が次々に開発されたのです。

ABS(資産担保証券)などが普及し、実体経済やマネーの何百・何千倍というお金がデリバティブの世界で膨らみ始めた時代。

金融界では、地中からわずかしか掘り出せない金は時代遅れ。株式・債券・先物・オプションなど多彩な金融商品が登場し、金利を生まない金は選ばれなくなりました。

株式や債券は、保有していると配当や利息を貰えます。しかし、金を保有していても利子が付きません。

世界は、グローバル化が進み、政治や軍事よりも経済・金儲けが大事になる中で、金の価値はどんどん下落しました。

ついに、1999年7月には、1トロイオンス252.80ドルまで下がりました。円建てだと1999年9月の値段が、1gあたり917円。この価格では南アフリカなど古くからの鉱山は採算が取れないために、鉱山の閉山や会社の合併・リストラなどでしのぐ時期が金の暗黒時代でした。当時、筆者は純金積み立ての事業を兼任していた頃ですが、営業展開に苦戦していたのは言うまでもないですね。

<金について学ぼう!おすすめ関連記事>

世界経済暴落が予知できる⁉︎ 「富豪が金の値段に注目する」理由
消費税8%分丸儲け!金密輸入が急増「日本が狙われる理由」とは
100年で価値が3800倍⁉︎ 歴史を知れば納得「資産家が金を持つ理由」

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。