貯蓄型は不人気…FP21名が辛口評価「本当に良い終身保険」ベスト5は?

読了目安[ 2 分 ]

終身保険は貯蓄型の代表的な保険ですが、マイナス金利の影響で、その選び方が変わりました。保険のプロが選んだベストな終身保険を紹介しましょう。

終身保険とはどんな保険?

終身保険は、死亡保険の一種です。人は、いずれは死にますから、必ず保険金はもらえます。その分、保険料は高めになっています。

ただ、本人は死亡しているので、受取人が保険金を受け取ることになります。つまり、終身保険とは、自分のためではなく、残った家族のための保険なのです。そう考えると独身で扶養家族がいない場合は必要がないかも知れません。もちろん、解約返戻金を受け取ることもできますが、途中解約をすると大きく元本割れをします。

参考:死亡&医療保障は不要?おひとりさまの老後資金計画「保険の選び方」

貯蓄型の魅力はなくなった?

生命保険を選ぶ場合、掛け捨てよりも、貯蓄型の方に人気があります。しかし、マイナス金利の時代、自分で積立をするのと終身保険を利用するのでは、あまり差は出ません。つまり、死亡時の保障としては魅力がなくなってきました。

と言うわけで、終身保険の目的も変化してきました。増えなくてもいいから確実に貯めるための、教育資金としての利用とか、相続税対策で非課税枠を使いたいという目的です。

死亡保障を重視するのでしたら、「定期保険」「収入保障保険」などの方が保険料は安いのです。

2017年の終身保険ランキング

『よい保険・悪い保険 徹底見直し編』(宝島社発行)で、保険のプロ達が辛口採点して結論づけた、2017年の保険ランキングが発表になりました。今回は、終身保険のランキングを見てみましょう。

1位:オリックス生命『ライズ』
2位:マニュライフ生命『こだわり終身保険V2』
3位:ソニー生命『バリアブルライフ』
4位:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『一生のお守り』
5位:メットライフ生命『USドル建終身保険ドルスマート』

2年連続1位だったソニー生命『バリアブルライフ』が保険料の値上げで3位に後退。かわりにオリックスの『ライズ』が1位。

今年の注目は、5位に外貨建ての終身保険がランクインしたことです。円建ては、お金が増えることに期待はできないので、外貨建てに人気が出てきたのです。ただ、外貨建ての場合は為替リスクがありますので、ご注意ください。

その他、医療保険、がん保険、個人年金保険などのランキングをお知りになりたい方は『よい保険・悪い保険 徹底見直し編』をご参考にしてください。

別冊宝島 よい保険・悪い保険 徹底見直し編、マネーゴーランド

<保険商品多すぎ・・・。無料相談が一番オススメ>

保険商品の多さにはほんと困りますよね。そういった時はやはり保険のプロに相談するのが一番です。 何度も保険を入り直すのはただただ損するだけですので、将来を見据えて一度しっかりと検討し、加入したいですね。(追記:編集部)

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。