買うなら足立区がいい⁉︎ 23区「中古マンション価格上昇率」TOP10発表

5

読了目安[ 3 分 ]

東京23区内で中古マンションを購入しようと思っている方、一体どこの地域がいいのか迷ってはいませんか? そんな方は必見。

東京23区の中古マンション価格上昇ランキングをご紹介します。今人気なのはあの区!購入時の参考にしてみてくださいね。

東京23区中古マンション価格上昇率ランキング

第1位  足立区(107.32%)
第2位  荒川区(107.08%)
第3位  台東区(106.43%)
第4位  墨田区(106.31%)
第5位  文京区(106.11%)
第6位  板橋区(105.44%)
第7位  葛飾区(105.33%)
第8位  千代田区(104.90%)
第9位  江戸川区(104.85%)
第10位  港区(104.83%)

意外にも1位に輝いたのは足立区。2015年12月の平均平方メートル単価が31.4万円で東京23区内では一番低い価格なのですが、1年後には33.7万円になり、上昇率でみると一番伸びている地域なんです。

そして、注目は1位~4位までと7位を東側、いわゆる「城東エリア」が占めているという点。城東エリアは、荒川・隅田川などがあり、また公園も多いなど自然環境が充実しています。そして、子育てや子供の教育面にも力を入れている地域なので、子供がいる世帯や将来的に子供が欲しい人たちに人気が高いのです。

6位に輝いた板橋区も、昔ながらの商店街があるなど住環境が充実しており、都心へのアクセスも充実しています。板橋区も子育て支援に積極的に取り組んでいる地域です。

注目は子育て支援や住環境

港区や中央区など、都心のビルが立ち並ぶエリアのランクが高いのかと思いきや、実際は都心から少し離れたエリアの価格上昇率が高いことがわかりました。ランキング上位のエリアに共通する点は、川や公園といった自然が多く、子育てや子供の教育に力を入れているというところ。

やはり、中古マンション購入を検討する人たちは、子供のことを第一に考えているのかもしれませんね。今マンションを購入するのならこのランキングを参考に、上位のエリアの物件を狙えば将来の値上がりが期待できるのかもしれませんね。

<マンションにまつわる関連記事>

タワーマンションで勃発する不公平!「高層階ほど節税できる」問題とは
家賃並みの返済だから買ったのに…「マイホーム購入とお金」失敗例
ローン返済額みんなの平均はいくら?「住宅購入とお金」全国実態調査

尚、本記事で紹介した内容は、株式会社マンションマーケットが発表した、「東京23区別・中古マンション価格上昇率ランキング」(2015年12月と2016年12月21日時点の区ごとの平均平方メートル単価から上昇率を算出)をもとにしています。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。