どうなるトランプ相場、新たな展開へ【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

読了目安[ 3 分 ]

1月第3週の見通し(2017/1/16)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「トランプ新大統領誕生で新たな流れ」
先週はトランプ氏の会見を挟んでドル円は激しい動きの中で113円台に突入するなど上値の重い展開が続きました。

週初は日本が祝日の中でドル円は前週末の流れを継ぎ117円ミドルまで上昇するなど堅調な地合いでスタートしました。しかし、メイ英国首相の発言があり、ブレグジットへの懸念が再燃。ポンドが急速に売られたことでリスクオフの円買いの動きが強まり、ドル円は115円前半に下落。このレベルは118円ミドルを天井としたダブルトップのネックラインとして意識され下げ止まりました。

また、次の日のトランプ氏の会見への期待が高まり116円ミドルまで上昇。しかし、その後の会見では期待された財政政策や税制改革への具体的な内容が示されませんでした。

そして、中国や日本に対し名指しで貿易赤字に強い不満を示したことからドルは下落に転じました。ドル円は重要なサポートとされた115円を割り込み113円75銭まで下落。このレベルでは流石に実需の買いなどが入り115円ミドル付近まで反発しました。しかし、その後再び115円を割り込み先週のNYは引けてきました。

トランプ政権への期待の後退でこれまで上昇したドルや株式も一服感が漂う中、米長期金利の低下がドル円を押し下げた格好となりました。

今週金曜日はいよいよトランプ政権がスタート。
就任演説で具体的な政策内容が示されるようなら再び期待感が高まり金利が上昇し、ドル高の流れが始まる可能性が高まるかもしれません。
反対に、期待が不安感に繋がるようならドル売りと同時にリスクオフの円買いが強まりドル円は113円割れも視野に入ります。

ただ、トランプ新大統領は巨額減税を柱とする経済再生計画を100日で断行する構えを示しています。このハネムーン期間は少なくとも期待は継続されると思われ、ドルも一時的な下落があっても底堅い動きが続くと考えられます。

参考
トランプが劇的勝利!政策から紐解く「世界情勢&日本への影響」どうなる?
トランプショックで金相場大荒れ!「新大統領と金の値段」今後の予想は…

今週はイエレン議長も含めFOMCメンバーの発言も相次ぎ、その内容次第で米長期金利は不安定な動きが予想されます。また、ECBの理事会も開かれます。

先月の会合でドラギ総裁はテーパリング(量的金融緩和の縮小)については話し合われなかったことを明らかにしました。しかし、欧州景気の回復や米国経済への期待の高まりから市場はテーパリングが近いとの見方が目立ち始めています。もし、テーパリングの可能性が示されるようならユーロは対円でも買われることからドル円の押し上げ要因ともなりそうです。

今週のドル円予想レンジは117円50銭から113円00銭とみています。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。