極寒の地では当たり前⁉︎ 「こたつ&電気カーペットの電気代」節約術

読了目安[ 2 分 ]

寒い冬、室内を暖めるには暖房器具は欠かせません。
こたつに入ってホッとする、電気カーペットの上に寝そべって幸せ……
そんな、ぬくもりを感じてゆったりしたい冬ですが、気になるのはその暖房費。

今回は、こたつと電気カーペットのおすすめ電気代節約方法をご紹介します。

こたつの電気代を抑えるコツは?

こたつに入ってみかんを食べて……。冬の風物詩ですよね、ただ電気代を抑えるため、どうにか設定温度を低めに、なおかつ暖くできる方法なないものかというと……

  • かけ布団は二重にする
    こたつのかけ布団、小スぺース用の薄いものだったり、1枚しかかけていなかったりしませんか?実は、かけ布団が薄かったり1枚だと、こたつの中の暖かさが外へどんどん逃げ出してしまい保温力にかけるのです。
  • 床には断熱材を敷く
    他にも、こたつの熱は床からも逃げてしまいますから、床に断熱シートを敷いてその上にカーペットを敷くと熱が逃げにくくさらに保温性が増します。設定温度を少し低くしても、暖かく過ごすことができますよ。

TEPCOの試験によると、かけ布団と敷布団各1枚に比べて、かけ布団2枚と敷布団1枚、断熱材1枚にした場合で比較すると、なんと4時間で消費電力を約17%も削減できるんです。

電気カーペットの電気代を抑えるコツは?

電気カーペットの上でごろごろするのも幸せですよね。しかし、電気カーペットは電気代が高くつくことで有名。
少しでも電気代を安く抑えるには……

  • 床にはしっかりとした断熱材を
    やはり、電気カーペットは床に敷くものなので、床が冷えているとかなり熱気をもっていかれてしまいます。ホットカーペットの下には厚手の断熱シートを敷くなどして、できるだけ熱を床に逃がさないようにしましょう。
    断熱材を敷くだけで、15分間の使用で約10%も消費電力が抑えられますよ。

やはり、暖房器具の電気代を抑えるには暖めた空気を逃さないことが大切。
床だけでなく、室内を保温するために窓ガラスに断熱シートを張ったり、扉の開け閉めをできる限り控えるなど工夫して、より暖かく、より電気代を安くして過ごしたいですね。

<あったか節約術にまつわる関連記事>

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。