雪山級の寒さでも快眠!冬季五輪も採用「ブレスサーモ布団」寝心地は?

読了目安[ 3 分 ]

日に日に増してくるこの寒さを乗り切るため、温活とともに眠活にも力を入れたい。そうお考えの方もいらっしゃることでしょう。

そこで「山から目線の山女」である筆者からお伝えしたいのが、北アルプスや八ヶ岳連峰等の山小屋で使用されている「ブレスサーモ布団」の魅力についてです。

冬季五輪公式ユニフォームに採用「ブレスサーモ」とは

山と縁のない皆さんも、CM等で「ブレスサーモ」については日頃よく目や耳にされているのではないでしょうか。

そもそもブレスサーモとは、スポーツメーカー『ミズノ』と『東洋紡』が共同開発した吸湿性とともに保温力の高い繊維素材で、1994年に開催されたリレハンメル冬季オリンピックの全日本ナショナルチーム公式ユニフォームに採用されたのが始まりです(ミズノ公式サイト「スポーツとミズノの100年史」より)。

近頃話題となっている、『デサント』のハイテクダウンジャケット「水沢ダウン」なども、元はバンクーバー・オリンピックの公式ウェアとして開発されたものですから、スポーツウェア由来のあったか素材と冬季五輪とは切っても切れない関係にあるといってよいでしょう。

そんな、寒さの中でがんばるアスリートを陰ながら支えているブレスサーモとは、人体から発された水蒸気を吸収して発熱する「吸湿発熱素材」を謳っており、高い保温力と防臭性も兼ね備えた高性能素材です。
スポーツウェア・スポーツ小物だけでなく、最近ではアンダーウェア売り場などでもよく見かけるようになりました。

さらにその高性能を寝具の世界に持ち込んだのが「ブレスサーモ布団」です。

2016年最も売れたお笑い芸人「永野」が語る「お金」とは、マネーゴーランド

実際の寝心地・温かさは?

筆者が初めてブレスサーモ布団に出会ったのは、八ヶ岳の最高峰・赤岳の麓にある「赤岳鉱泉」という山小屋でした。
実際の眠り心地はどうだったかというと、

1 非常に軽量!

真綿の布団に比べると、非常に軽いのがポイントです。
掛け布団が重すぎると山中での疲労回復の妨げにもなるので、山小屋ではとくに布団の軽さは重視したいところです。また布団の上げ下ろしが楽なので、メンテナンス面でも大助かりであることが推測できます。

2 布団が冷たくない・あっという間に温まる

ブレスサーモ布団は入りたても寒くありませんでした。
布団が温まるまで待つ憂鬱とも無縁です。「吸湿発熱素材」ということで、入って間もなく温かくなるのが、この布団のもつ最大の特徴でしょう。
最低限の暖房器具しかない冬の山小屋でも寒さが気にならず、快適に入眠・快眠することができました。

2016年最も売れたお笑い芸人「永野」が語る「お金」とは、マネーゴーランド

3 嫌なニオイがしない

ブレスサーモには汗臭のもとになるアンモニアを吸収し、臭いを抑える「防臭効果」があるそうです。
山小屋の布団というのは
「天候不良の日が続くと天日干しできない」
「いろんな人の出入りが激しい」
という、日常と比べるとかなり過酷な条件下で使用されるので臭いが気になることも多いのですが、ブレスサーモ布団から嫌な臭いがするといったことはありませんでした。
また羽毛と違って丸洗いOKなのもすぐれたポイントといえるでしょう。

4 ホコリ由来のくしゃみが出ない

筆者は花粉症プラス鼻炎持ちなので、山小屋泊で布団から出るホコリのせいでくしゃみが止まらず寝付けない、という状況にさらされることが多々あります。
しかし、ホコリの出にくい高密度生地を使用しているというブレスサーモ布団で寝たときは、くしゃみに悩まされることもありませんでした。

以上のように山小屋に最適なブレスサーモ布団。もちろんご家庭で日常使用もできるすぐれものです。一家に一枚、いかがでしょうか?


AMAZON|ミズノ(MIZUNO) ブレスサーモ 洗える 掛け布団

楽天|ミズノ(mizuno)ブレスサーモ 掛けふとん(シングル)

<寒い冬を楽しく乗り越える!おすすめ関連記事>

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。