万が一夫が…残された家族に必要なお金はいくら?【生命保険の決め方】後編

24

読了目安[ 3 分 ]

今回は、遺された家族に入ってくる見込み額(=収入)を計算し、最終的に遺族が生命保険で準備しておきたい保障額を算出します。

遺された家族が一生涯に必要とするお金(=支出)については、前回のコラム 万が一夫が…残された家族に必要なお金はいくら?【生命保険の決め方】 を参照してください。

遺された家族は一生涯に必要なお金のすべてを準備するわけではない

前回のコラムでは、遺された家族が一生涯に必要なお金(=支出)の合計は9,018万円になりましたが、その全額を準備する必要はありません。
なぜなら、私たちには公的保障や企業内保障で賄われる保障があるからです。

私たちは、支出額の総額から公的保障と企業内保障を差し引いた部分を生命保険や生命共済などの私的保障で準備することになります。
万が一夫が…残された家族に必要なお金はいくら?【生命保険の決め方】後編、マネーゴーランド

公的保障でいくらもらえる?

私たちには公的保障として遺族年金がありますが、夫の職業にかかわらず、18歳未満の子どもがいる場合は、子どもが18歳に到達する年度の末日まで(1、2級障害のある場合は20歳未満)、遺族基礎年金を受給することができます。年金額は定額で、子どもの人数に応じて加算があります。

会社員・公務員は遺族基礎年金に加えて遺族厚生年金を受給することができます。遺族厚生年金は、妻が亡くなるまで受給できます。

万が一夫が…残された家族に必要なお金はいくら?【生命保険の決め方】後編、マネーゴーランド

さらに、遺族厚生年金を受給する妻には中高齢寡婦加算があります。中高齢寡婦加算とは、遺族基礎年金を受け取れない妻に対して、夫の死亡時に妻が40歳以上などの場合であれば、 妻自身の老齢基礎年金を受給する65歳になるまでの間加算されるものです。

妻は65歳になると、亡くなるまで妻自身の老齢基礎年金を受給することができます。

<遺族年金の受給イメージ>
万が一夫が…残された家族に必要なお金はいくら?【生命保険の決め方】後編、マネーゴーランド

それぞれ受給できる年金の種類と金額は以下のとおりです。

(1)遺族基礎年金の年金額
基本額:780,100円(定額)〈年額〉
加算額:子ども2人目まで…1人につき 224,500円 
子ども3人目以降…1人につき 74,800円

(2)遺族厚生年金の目安額
平成15年以降の勤務期間が長い人の場合
万が一夫が…残された家族に必要なお金はいくら?【生命保険の決め方】後編、マネーゴーランド

(3)中高齢寡婦加算の金額
585,100円

(4)妻の老齢基礎年金の金額
780,100円

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。