中国懸念は後退…やっぱりドル高継続!【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

読了目安[ 3 分 ]

1月第2週の見通し(2017/1/9)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「中国懸念の後退でドル高継続」
昨年に続きドル円は年初から荒っぽい動きで始まりました。
昨年末のドル円はクリスマスや正月休みを控えトランプラリーのドル買いに対するポジション調整の売りに押されて終了しました。しかし、その調整も、高値118円65銭から117円付近で終えるなど小幅なものにとどまりました。

ポジション調整が一巡したドル円は年初から118円60銭まで上昇。昨年末の高値とほぼ同レベルまで買われたものの、結局上抜けに失敗。その後は下落に転じました。

日本が正月休み明けとなる4日未明には昨年12月に行われたFOMCの議事要旨が公開され、市場の注目が集まりました。メンバーは利上げの理由として雇用や物価の上昇を挙げました。また、今年は3回の利上げを予想しましたが、そこにはトランプ政策による影響は考慮されていませんでした。

議事要旨によればほぼ全員がトランプ次期政権で景気上振れリスクがあるとみていることが明らかとなり、市場はドル買いで反応しました。しかし、同時にドル高への懸念も示されたことから最終的に押し戻されるなどドルの重さが優勢となりました。

その日の東京市場では中国人民元の金利が一気に急上昇したことでドルが急落。ドル円は117円を割り込み115円台まで下落。ファンド勢のポジションの巻き戻しを狙ったものとの見方が広がりました。

市場は昨年1月のチャイナショックの記憶もあり、リスク回避の円高も同時に進行。結果的にドル円は115円06銭まで売り込まれました。115円の節目を下回るようなら本格的な巻き戻しが始まるのではといった見方もありました。

しかし、その後発表された米12月雇用統計が総合的に好調な結果を示したことでドルは再び上昇に転じました。
ドル円は117円台を回復し、NY株式市場も三指数ともに上昇するなど、悲観的な見方は後退。一旦は低下した米長期金利も再び上昇に転じるなど、ドル高円安の流れに再び戻り始めたと見てよいかもしれません。

今週は米国国債の入札や米企業の決算、そして中国の重要な経済指標などが発表されます。
中国への懸念が後退してきたことや好調な米経済指標などを背景に、再びドル円は120円を狙う動きが強まると予想します。ただ、新年が始まったばかりで方向感を探る動きが続いており、一時的な円高リスクには注意が必要です。

今月20日からトランプ大統領が誕生し、その発言や実効性に市場の期待と警戒感が入り混じる相場展開が始まります。

今年も昨年と同様ダイナミックな相場展開が予想されます。
本年も引き続きよろしくお願いします。

今週のドル円予想レンジは119円00銭から116円00銭とみています。

参考:
年末年始「日本・海外の株式市場」休日&経済指標イベント まとめ
トランプが劇的勝利!政策から紐解く「世界情勢&日本への影響」どうなる?

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。