知らないとカモになる!アダルトサイト不当請求「最新手口&対策」3選

読了目安[ 3 分 ]

アダルトサイトで閲覧ボタンを押すと、突然請求画面が出てくる「ワンクリック詐欺」の手口がますます巧妙になってきています。

突然そういった場面に出くわすとパニックになり、払う必要のないお金を払ってしまうことにもなりかねません。落ち着いて対処するためにも、相手の手口を知っておく必要があります。

今回は、『独立行政法人 国民生活センター』のウェブサイトで公表されている情報をもとに、最近のワンクリック詐欺の動向とその対策についてお話しします。

パソコンに請求書が表示されるケース

まず、最も一般的な手口としては、ウェブサイトの画面上のどこかをクリックしたら、パソコン画面に請求書が表示されるというケースです。それだけなら特にめずらしくもありませんが、最近では請求書とともにパソコンのIPアドレスや接続プロバイダ、パソコンの識別番号等も同時に表示されるそうです。

しかし、上記の情報からアクセスした人を特定したり、重大な個人情報が伝わったりすることはありません。ですから、過度に不安になる必要はありませんし、間違っても業者に連絡を取ってはいけません。こういった請求は無視をするか、消費生活センターに相談するのが最も良い方法といえます。

請求書が強制的にダウンロードされる

URLをクリックするとパソコンに請求書画面が表示されるケースが一般的ですが、その請求書を強制的にダウンロードさせるという手口もあります。請求書がパソコン画面に出ただけだと、ブラウザを閉じれば消えるのですが、ダウンロードしてしまうとパソコンに請求書ファイルが残ります。

パソコンの電源を切ってもファイルが残っているので、不安になるという人も少なくないみたいですね。しかし、こちらも同様に無視するか消費生活センターに相談しましょう。

ボタンを押したらシャッター音がする

最後に、ボタンをクリックすると「カシャッ」とシャッター音が鳴り、請求画面が表示されるケースがあります。こちらも顔写真が撮られたと思って慌ててしまいますよね。

しかし、相手からこちらの端末のカメラを操作することはできません。ですから、シャッター音が鳴ったとしても、あくまでそういう音を鳴らしているだけで写真は撮られていません。

ワンクリック詐欺は、どのようなケースでも相手を慌てさせて冷静さを失わせることが目的です。こういった相手の意図にはまらないためにも、請求書画面が出てきたら一度パソコンを閉じて、消費生活センターに行くことが賢明と言えるでしょう。アダルトサイトの請求トラブルあるある!絶対やってはいけないこと3選 も参考にすることをおすすめします。

<トラブルに巻き込まれないために…おすすめ関連記事>

海外の宝くじを購入すると違法?ネットや代理販売以外で買う方法は?
ネイル&まつエクでトラブル勃発!美容医療で絶対やってはいけない事3選
アダルトサイトの請求トラブルあるある!絶対やってはいけないこと3選

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。