休みボケを引きずらない!エリート会社員が週末に行う「切り替え術」

読了目安[ 2 分 ]

お正月明けで体がだるいという人は少なくないでしょう。

年末年始の長期休みは家でだらだらと過ごしてしまいますよね。そのツケが回ってきて、まだお正月気分が抜けないという方もいるでしょう。

しかし、気分に関係なく仕事はしなければなりません。そこで今回は、お正月だるさを解消する上手な切り替え術についてお話しします。

夜更かしを引きずらない

そもそもお正月のだるさが残る最大の原因として、日頃とは違う生活リズムで過ごしてしまうことが挙げられます。ついつい昼まで寝てしまったという人や、外にあまり出なかったという人も少なくないのではないでしょうか。

ですから、まずは仕事の生活リズムを体に思い出させることが大切なのです。そのためにも正月の夜更かしを引きずることなく、夜はしっかりと眠ることを意識的に取り入れる必要があるのではないでしょうか。

軽い運動で体を起こす

続いてお正月明けで体がだるい理由として、体が“動くモード”に入っていないということが考えられます。家でゆっくりと過ごしていると、どうしても体が重いと感じますよね。

ですから、仕事が本格的に始まる前に軽い運動をしてはいかがでしょうか。近所の散歩でもいいですし、自転車で隣町まで買い物なんてのもいいでしょう。とにかく体を活動モードに切り替えることによって、毎日のだるさが驚くほど解消されます。週末に体を動くモードに切り替えるようにしてみてはいかがでしょうか。

ゲームで頭の体操をする

体は起きても頭は思うように働かない場合も考えられます。特にモノ作りなどの分野では細かいミスが思わぬ欠陥になることもあるので、頭が働かないことが致命的になることもありますよね。

どうしても正月明けには、そういった状態に陥りがちですが、対策としてスマホゲームをしてみてはいかがでしょうか。ただしスマホゲームでもパズルや計算といった頭のウォーミングアップになるようなゲームが良いです。そうしたゲームで頭を動かしていると少しずつ仕事モードに戻ることができます。

ゲームと聞くとあまり良いイメージを持たない方もいるかもしれませんが、仕事の勘を取り戻すためにも一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。