【2017年為替市場予想】トランプ大統領就任&欧州選挙…波乱含みの予感

読了目安[ 4 分 ]

1月第1週の見通し(2017/1/2)
為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「申酉騒ぐ」
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

昨年の為替相場

一年を通してダイナミックな展開となりました。

1月

チャイナショックで世界の金融市場に衝撃が走りドルは下落に転じました。
FRBの利上げペースが早まるとの見通しから中国や新興国から資金が流出したためです。

その同じ月の終わり

日銀がマイナス金利を導入。ドル円はこの政策により押し戻されましたが、すぐに下落に転じました。
銀行の負担が寧ろ嫌気された逆効果と市場は受け止められました。

その後

ドル円の下落は止まらず

6月23日

ブレグジットショックでは大台の100円を割り込み一時的に99円まで売り込まれました。
その後は買い戻されましたがリスク回避の円買いの動きは続きます。

そして、

11月8日

米国大統領選では大方の予想を覆し、トランプ氏が次期大統領に当選
市場はトランプ氏が当選すればドル円は100円を再び割り込み95円とか90円という円高ドル安に向かうとの見方がありました。
しかし、結果は101円手前で下げ止まり、

その後

大幅上昇となるなど予想外の展開となりました。
ドル円はその後ひと月半で118円65銭まで17円余り上昇。年初のレベルである120円近くまで押し戻されるなど、往って来い。

一年を通してみれば

上下合わせて40円近く動くダイナミックな相場展開となりました。
「申酉騒がしい」という格言通り今年も昨年と同様にダイナミックな相場展開が予想されます。

「申酉騒がしい」2017年度はどうなる?

1月20日

トランプ大統領が就任。いよいよその手腕が問われます。
100日で政策を断行すると豪語しただけに、それができないとなれば期待が失望に変わりかねません。
そうなればドル円は一気に110円を割り込むような状況が想定されます。

参考:トランプが劇的勝利!政策から紐解く「世界情勢&日本への影響」どうなる?

反対に、期待に沿った結果となればインフレが高まり金利が上昇
日米金利差拡大でドル円は130円方向に向かうと予想されます。

欧州の選挙の年の影響は?

また、来年は欧州の選挙の年になります。
春にはオランダやフランス、そして9月にはドイツの選挙が開かれます。
イタリアも前倒し選挙になる可能性があります。
もし、極右政党が勢力を伸ばすようならEUからの離脱が相次ぎユーロの存続自体が危ぶまれます。
そうなればユーロが下落し、リスク回避の円高に繋がるでしょう。
そうではなく、現行の政治状況が継続されるようならユーロへの安心感が広がり円安が進むことになります。

参考:年末年始「日本・海外の株式市場」休日&経済指標イベント まとめ

いずれにしても、今年のドル円は昨年に引き続き波乱含みの展開が予想されます。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。