「宝くじの裏側」大公開!売上9,000億円は誰の手に渡ってる?

読了目安[ 4 分 ]

今年も終わりに近づいていますが、宝くじを買った人も少なくないでしょう。

今年の年末ジャンボの当せん金額は、前後賞を合わせると10億円と過去最高金額になっています。
宝くじを買って夢を持ちたい!
という人も少なくなく、平成27年度には宝くじ全体で9,154億円もの売り上げがありました。

そこで今回は、宝くじ公式サイトの情報を元に、
宝くじの売り上げは一体どのように使われているのか?
ということについてお話ししていきます。

売り上げのどのくらいが当せん金額として配分される?

宝くじの売上は9,154億円ということですが、公式サイトによるとその内訳は、

  • 当せん金
  • 公共事業費
  • 手数料
  • 広報費

と大きく分けて4つの用途に使用されています。
まずは、宝くじ当せん者に支払われる当せん金ですが、その金額は、全部でなんと4,303億円。
桁が多すぎて現実味が薄いと思われるかもしれませんが、
売上の実に半分近くが当せん金として割り当てられているのです。
今年度は、様々な宝くじの当せん金額が過去最高金額なので、来年はさらに金額が大きくなっていることが予想できますね。

売上から配当金を支払って余った分は丸儲け?

当せん金額には及ばないものの、宝くじ売り上げの39.8%に当たる3,639億円が公共事業に使われています。
公共事業の内容は、公園の整備や教育施設の改修費など非常に身近なところで使われています。

その他にも、東日本大震災の復興費用としても使われています
宝くじを購入する事は思いがけない形で地域貢献しているのです。
もちろん、宝くじの目的は当せん金を受け取ることですが、地方貢献にも非常に役立っているので、寄付感覚で宝くじを買うのもいいかもしれません。

当たったらラッキー 外れてもリアル寄付

ここまで宝くじの売り上げを見てきましたが、なかなか目にする事がない宝くじの裏側を知ることができたのではないでしょうか。
今年は全体的に当せん金額が上昇傾向にあったので、今後もさらなる金額上昇があるかもしれません。

当せん金を楽しみにしつつも、公共事業への貢献ということも頭の片隅においておくとハッピーな気分で宝くじを買えますよね。年末ジャンボもまだ購入していない方は、ぜひ購入して地方に貢献してはいかがでしょう。

<宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事>

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。