参拝で金運が上昇!初詣にぜひ行きたい全国の開運神社5選

読了目安[ 13 分 ]

今年の初詣は、どこの神社に行くか決めていますか?それともすでに済ませてしまった後でしょうか。

普段参拝に行く神社でも良いですが、初詣は年に1回だけのことなので、せっかくなら金運アップが期待できる神社に出かけてみてはいかがでしょう。

初詣は、昨年の無事を神様に感謝し、新しい年の無事とささやかな願いを祈願する日本伝統の神聖な儀式です。今後1年間も節約にいそしみつつ、神様のご利益ですこしでも懐が温かくなることを願いたいものです。

今回は、全国でも有名な金運アップが期待できる初詣スポットを5つご紹介します。


金運がぐんぐん上昇!全国の開運神社マップ

金運アップ初詣スポット1.御金神社(みかねじんじゃ)

京都府京都市中京区にある御金神社は、「おかね」と書いて「みかね」と読むいかにも金運が上がりそうな神社で、鳥居もきらびやかな黄金色に輝いています。

参考|御金神社|寺社仏閣|京都の寺社仏閣|ほっこり京都生活|わかさ生活

ご祭神として、伊邪那岐(いざなぎ)・伊邪那美(いざなみ)の皇子である「金山毘古神(かなやまびこのかみ)」という金属全般にご利益がある鉱山・鉱物の神様が祀られている神社です。

名前に金を冠しているからではなく、お金を産み出す道具として農作業に必須な刀や鋤、鍬、また、印刷機、工場の機械などにもご利益があると考えられ、さらには金・銀・銅という硬貨に対するご利益も期待できます。

そのため、資産運用や不動産、あらゆる商売繁盛を祈願して参拝する人だけでなく、転宅、方位、厄除け、旅行中の無事安全を護る大神として、またお金の神様ということで宝くじ愛好者にとっても人気がある神社のようです。

御金神社の参拝の特徴

御金神社は、金山毘古神の他にも太陽の神様である天照大神(あまてらすのおおみかみ)、夜の神様である月読神(つきよみのかみ)もご祭神として祀られています。

そのため、平日でも日中だけでなく夜も神事(しんじ)が行われることがあり、好きな時間に自由に参拝できるのも特徴的です。

実際に行ってみると、ビルが脇に立ち並ぶ閑静な住宅街の中にある小さな神社のため、如何に黄金の鳥居があっても見逃してしまうかもしれません。

御金神社へのアクセス

交通 京都市営地下鉄東西線「二条城」駅下車 徒歩約5分
市バス「堀川御池」下車 徒歩約5分
拝観時間 自由
拝観料 無料
住所 京都市中京区西洞院押小路下ル押西洞院町618

金運アップ初詣スポット2.金劔宮(きんけんぐう)

石川県白山市にある金劔宮は、白山信仰関係7社の総称である白山七社(はくさんしちしゃ)の一つで、 金運アップの神社として有名です。

参考|金劔宮 – 石川県神社庁

金劔宮は、紀元前95年に創建されたと伝わる神社で、鶴来町の中心地に鎮座し、古くは「劔宮(つるぎのみや)」と呼ばれ、尚武の神、身命守護、生業繁栄の神として崇敬されています。

劔宮(つるぎのみや)の劔(つるぎ)が、現在の地名である「鶴来(つるぎ)」になったと言われています。

ちなみに、白山七社とは、現在の白山比咩神社である「白山本宮」、現在の白山比咩神社鎮座地にあった「三宮」、現在の岩本神社「岩本宮」とともに、本宮四社の1つとされています。残り三宮は、笥笠中宮神社の「中宮」、佐羅早松神社の「佐羅宮」、白山別宮神社の「別宮」で、全白山七社となります。

金劔宮の参拝の特徴

この金劔宮は、経営コンサルタントで有名な船井総研の船井幸雄氏が「お金に困りたくないなら、参拝すると良い神社」としたことから、日本の金運アップの神社の1つとして有名になったようです。

御金神社は、日本三大金運神社(屋山神社、安房神社、金劔宮)の1つとされていますが、実は金劔宮境内にさらなる金運アップのスポットがあります。

Kinken-Gu Otoken Deity

それは、金劔宮の境内に建てられている攝末社の中の1つで、彦火火出見命を祀った「乙劔宮(おとつるぎしゃ)」です。

乙劔宮には、金色の金運お守りや三種の神器と呼ばれる金色の打ち出の小槌があり、地元の人だけでなく全国の経営者や投資家の間で、金運にご利益があるとして参拝に訪れる方が大勢います。

攝末社には、他に「招魂社(しょうこんしゃ)」「恵比須社(えびすしゃ)」「金刀比羅社(こんぴらしゃ)」「丈六社(じょうろくしゃ)」「粟島社(あわしましゃ)」があります。

金劔宮へのアクセス

交通 北陸鉄道石川総線 鶴来駅 徒歩約15分
拝観時間 自由
拝観料 無料
住所 金沢市小坂町西44番地

金運アップ初詣スポット3.宝当神社(ほうとうじんじゃ)

佐賀県唐津市にある宝当神社は唐津湾の高島にある神社で、製塩業によって島が利益をあげた際のお礼として、海賊から島を守り島で亡くなった野崎隠岐守綱吉を奉って明和5年に建立された神社です。

参考|宝当神社 ほうとうじんじゃ

その後、縁起が良い「寶當(ほうとう)」の名前にあやかる参拝者が増え、さらに参拝者の中で宝くじの高額当選者が何名も出たことから、宝くじが当たる神社として有名になりました。

宝当神社に行きました! #宝当神社 #佐賀県 #唐津市

Milan0827さん(@oracle_werkstatt_sakuya)がシェアした投稿 -

宝当神社の参拝の特徴

猫は福を招く開運の象徴ということで、宝くじが当たる神社、宝くじが当たる島として有名になっただけあって、高島にはたくさんの猫がアチラコチラにいます。

その中でも宝当神社に行く途中の野崎酒店には、宝くじの入った袋を目の前に持っていくと手を合わせて願をかけてくれる猫が居るそうです。

宝くじ目当てで行く参拝者にとっては、高島に上陸したときから願掛けは始まっているということですね。宝当神社に参拝に行く際には、ぜひ高島のリアル招き猫に拝んでもらい、金運をアップさせましょう。

来年は当ててにゃ🐱

1134さん(@umeko1134)がシェアした投稿 -

宝当神社へのアクセス

交通 JR唐津駅→タクシー5分→宝当桟橋→船で10分→高島港
福岡方面から 都市高速唐津方面へ(博多駅より約50分) 
唐津市内に入ったら唐津城を目指してください。
長崎・佐賀方面から 九州自動車道多久インターチェンジで降ります。
多久有料道路で唐津方面へ
唐津市内に入ったら唐津城を目指してください。
駐車場 九唐津城前市営有料駐車場利用 約150台 
大型も駐車可 普通車2時間以上400円
定期船乗船料 大人片道210円/子ども100円
高島~唐津定期船時刻表
唐津発 7:50 10:00 11:40 14:10 16:00
高島発 9:00 10:45 13:20 15:00 17:00
拝観時間 自由
拝観料 無料
住所 佐賀県唐津市高島523

金運アップ初詣スポット4.小網神社(こあみじんじゃ)

東京都中央区にある小網神社は、「東京銭洗い弁天」として親しまれています。

参考|小網神社

元々は同じ境内にあった恵心僧都の開基と伝えられる万福寿寺に安置されていた弁財天だったものの、明治初年、神仏分離令の施行後、小網神社と分離したものの、分離した寺院が廃絶したため、明治2年(1869年)に再度小網神社に遷座されたということです。

小網神社という名称と、弁天様がお舟に乗られていることから、万福舟乗弁財天と称されて親しまれています。

小網神社の参拝の特徴

小網神社は銭洗弁天様だけではなく、メインの小網神社自体は、第二次大戦時に戦地に赴くことになった氏子の出征兵士が全員生還したり、東京大空襲の際に社殿を含む境内建物が戦災を免れたり、東京大震災においても周辺の大勢の住民が助かるなど、強運厄除けの神様として慕われています。

更に、弁財天様に加えて七福神の1人、小網神社におられる福禄寿様は、健康長寿のご利益とともに、「福徳」「人徳」「財徳」と様々な「徳」を授けてくださるとのこと。

境内にある「銭洗いの井」で自身の金銭を清めて、それを財布などに入れておくと金運・財運が高まるといわれるものの、金運・財運だけではなく、様々な徳を得られそうです。

初詣で小銭を洗って、一年大事にお財布にしまっておくのも良いですね。

小網神社へのアクセス

交通 東京メトロ日比谷線「人形町」駅A2出口より徒歩5分
都営浅草線「人形町」駅A5出口より徒歩7分
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅8出口より徒歩10分
東京メトロ東西線「茅場町」駅10出口より徒歩15分
拝観時間 自由
拝観料 無料
住所 東京都中央区日本橋小網町16-23

金運アップ初詣スポット5.新屋山神社(あらややまじんじゃ)

山梨県富士吉田市の新屋山神社は、富士山の2合目にある日本三大金運神社のうちのひとつです。

参考|【日本一の金運神社】 金運神社 富士山 山神社「新屋山神社」守屋英利のホームページ 金運アップ神社

富士吉田市の新屋地区に本宮があることから新屋山神社と呼ばれていますが、本宮である富士山の麓にある北口浅間神社から車で30分ほどの富士山二合目に鎮座している奥宮が、この金運神社と称される新屋山神社となります。

参拝の順番としては、本宮である北口浅間神社をお参りした後に、この奥宮である新屋山神社を参拝する流れとなります。本宮に参拝した際、奥宮へ参拝する旨を伝えると地図を頂くことが出来ます。

新屋山神社のの参拝の特徴

コンサルティング会社である船井総研の船井氏が生前、「イヤシロチ(パワースポット)」の研究をされおり、レイラインという気の流れを調べていくうちに、新屋山神社が金運に効果があると発見し、「お金に困りたくなかったら富士山のこの神社に行くと良い」と話したことから、金運にご利益があると大変有名になったそうですが、この新屋山神社は、本宮から車で30分離れているだけでなく、神社への参道への看板を見逃してしまうことが多くあるそうです。

国道138号から逸れた道を進むと中の茶屋という茶屋があり、その脇の林道と言っても舗装されている滝沢林道を8.5kmほど進むと、新屋山神社の奥宮への看板が現れる。

この滝沢林道が12月頃-4月頃までゲートが閉じられて通行ができなくなることから、新屋山神社にたどり着けなかった話が更に増えているとも思えます。

新屋山神社へのアクセス

交通 車で国道138号線より「富士浅間神社東」交差点を南(富士山方面)に約10分(国道701号)
「中の茶屋」手前左「滝沢林道」に入り約20分
中の茶屋で曲がってから新屋山神社 奥宮まで約8.5キロ
拝観時間 夏季(5月-11月) 10:00-15:30
冬季(12月-4月) 休社
拝観料 無料
住所 山梨県富士吉田市新屋1230 新屋山神社

日ごろの行いを見直し、初詣で願掛けを

節約や貯金は一日にしてならず。日々コツコツとできることをやり、つつましく生活をすることを心がけながら、初詣で金運アップを願いましょう。毎日の行いを見た神様が、ほんの少し、あなたの金運を良くしてくれるかも?しれませんよ。

この場所に行けば金運アップ!?開運スポットまとめ

  1. 参拝で金運が上昇!初詣にぜひ行きたい全国の開運神社5選
  2. ご利益スゴ過ぎ!パワースポット豪徳寺のアクセスと招き猫だらけの理由
  3. 実際に効果があった!金運アップ、縁結びの神社・パワースポット13選
  4. 仕事運の向上で高収入と出世を目指す!開運パワースポット神社5選

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。