金運を呼び寄せる!お金持ちになれる「最高潮に幸運な初夢」は?

読了目安[ 3 分 ]

新年を気持ちよく迎えたいという人は多いでしょう。

やはり年の変わり目というのは一つの節目になるので、ここでスタートダッシュを切れればその年1年を気持ちよく送ることができますよね。

今回は、そんな1年のスタートを大事にしたいあなたのために、お金持ちになれる良い初夢についてお話しします。

初夢は元旦の夜に見る夢?

初夢と聞くと「大晦日」から「新年」にかけて見る夢というイメージを持つのではないでしょうか。そもそもの初夢の由来として、新年になってから最初の夢という意味なので、間違ってはいませんよね。

しかし、諸説ありますが、初夢と言われるのは「元旦の夜」に見た夢という説が最も一般的だそうで、goo辞書では「元日または2日の夜に見る夢をいう。」と書かれています。ですから、大晦日に悪い夢を見てしまった!と思われた方も問題ないので、安心して元旦の夜に寝て下さい。

縁起のよい初夢はなぜ「一富士二鷹三茄子」?

最も有名な縁起の良い夢と言えば、「一富士二鷹三茄子」ですね。
これも諸説あり、どれが正しいかは明確ではありませんが、富士は目標や人生の高さを表し、鷹は非常に高く舞い上がることを表し、茄子は物事を成すなどという意味が込められているようです。

ですから、これらの初夢を見た方は、今年はあなたの目標は全て叶うという意味を持っているかもしれないのです。
2017年の目標は早めに立てておきましょう。

蛇や水でも金運アップ!

白蛇・黄金の蛇、湧き水や湖で金運が上がる!縁起の良い夢とはを見ていただけるとわかりますが、お金を暗示するような初夢は意外と少なくありません。
例えば、白蛇や黄金の蛇などは幸運の象徴であり、金運上昇の意味が込められています。

他にもわき水や湖といった自然界の水が初夢に出てくれば、こちらも金運を呼び寄せるきっかけになりそうです。

枕元に七福神の絵を敷く

しかし、そんな良い初夢が偶然見られるなんて難しいと考える人もいますよね。
そんな方は昔からある方法ですが、七福神の絵を枕の下に敷いて寝るという方法をおすすめします。
簡単で意味がない!
と無視してしまうのか、信じて行動を起こすのでは、今年の運勢が大きく左右されるかもしれません。

また2017年1月10日まで、1等前後賞合わせて2億円が当たる『初夢宝くじ』が発売されていますから、これを購入するというのも良いかもしれませんね。
宝くじに当選するコツ も参考にしてみてください。

開運できる!おすすめ記事

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。