初詣も正月旅行もダメ!絶対避けたい「開運しない」冬休みの過ごし方

1

読了目安[ 3 分 ]

年末は大掃除におせちづくり、いざ新年を迎えたお正月はとりあえず初詣に行って、あとは自宅でゴロゴロ寝正月……という方は多いのではないでしょうか。

1年の幕を閉じ、新しい1年の幕を開ける年末年始。この時期の過ごし方によって、新しい1年の運気が左右されるかもしれません。そこで、開運できない正月休みの過ごし方についてご紹介します。

大掃除しない

年末は他のことで忙しいからと大掃除をさぼっていては、1年間にたまった悪い運気を出すことができません。その年の汚れや悪い運気はその年のうちにきれいにすることが、開運への一歩です。

正月飾りを31日に飾る

お正月の飾りというのは、神様が降りてこられる際の目印なのです。これを31日という新年を迎える直前に出すことは、神様にとても失礼な行為にあたります。12月28日には飾り付けをすませるのがベストで、おそくとも30日には飾りましょう。ちなみに、29日は「9=苦」を連想させるので飾り付けには好ましくありません。

旅行に出かける

年末からでもそうですが、元日に地元や住んでいる場所にいないというのは避けたいことです。神様の力はその人が生まれた場所に宿るといわれているので、新年を開運で迎えたいのであれば旅行にはいかず地元や住んでいるところでしっかりと神様の力を授かりましょう。

お正月だけ神社に参拝する

神社に参拝するのは初詣の時だけ!という方は多いでしょう。新しい1年の願い事をする方がほとんどだとは思いますが、神様からしてみれば、「こういう時だけお願いに来て…」とあまり印象はよくないでしょう。普段から参拝してこそ初詣の価値があります。

お正月だからと年に1度きりのお願いを初詣でするくらいなら、書き初めをして1年の抱負を誓った方が有効かもしれません。

慌ただしい年末年始ですが、気持ちよく良い1年を迎えられるように、過ごし方についても気にしてみてくださいね。

<幸運を呼び込む!おすすめ関連記事>

【2017年お金持ちになれる財布の特徴】避ける色&使い始めに最適な日は?
蛇と水が金運を引き寄せる!「お金持ちになれる」吉夢3つ
宝くじ当選者もやってる⁉︎ 「金運と幸せを呼び込む」携帯待受画像3つ

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。