「大納会&大発会は株で儲かる⁉︎」過去の株価から徹底検証してみました

8

読了目安[ 4 分 ]

株式市場の年末年始はお休みです。年内最後の営業日(12/30)が大納会、年始最初の営業日が大発会(1/4)となり、年末年始のイベントになっているのは有名ですよね。

この大納会&大発会ですが、何と・・・大納会で下がり、大発会で上がるというセオリーがあります。

大納会は年末年始のお休みに備えて売りが出やすい?!

<年末年始のリスクを嫌い株売りの動き>

日本の株式市場は、年末年始に休みます。ところが、海外市場は元日だけが休み。
そのため、リスクを嫌う投資家・短期売買の投資家は万一の下落を考えて、保有株を売ってしまいます。そのため、大納会は売りの勢いが強く下がりやすいと言えます。

<節税対策で売りが増える>

大納会の1~2週間程前からの現象として、節税対策の売りもあります。
この一年間の利益が大きい投資家は、含み損のある株を売り利益を減らす動きにでます。
ただ、これは大納会ではなく、その前に起きる出来事。

大発会はご祝儀相場で上がりやすい?!

ご祝儀・縁起をかついで買いやすい。。。
株式・商品など相場にたずさわる人達は、縁起を担ぎます。そのため、最初の大発会で、株価が上昇すれば、その年はいい一年になると考えているため、株を買う勢いが強まるのです。

この大発会のご祝儀相場は有名ですから、よけいに買いが出やすくなっています。そして、買う人が多い分、株価は上がりやすい!

大発会に晴れ着の女性が登場するのも神社に証券・相場関係の人達が大挙してお参りするのも縁起担ぎの一つ。

年末に処分した分、買いなおす?!

大納会は下がりやすいという話のところで、ご紹介した通り、短期売買系の投資家の方々は、年末年始の休み前に保有している株式を売っておきます。そして、年が明けたら、買い直すわけですから、その分、値段も上がりやすくなります。

このセオリーが正しければ、大納会の終値で買い、大発会の終値で売れば儲かりそうですね!

過去の大発会&大納会の値動きを見てみましょう

お待たせしました。論より証拠。こういったセオリーを闇雲に信じていてはいけません。実際の値動きでセオリーが正しいかを確認してから行動すること。相場で生き残るには、人の話を鵜呑みにせずに確認をしてください。

<日経平均株価:大発会と大納会の終値>

大納会と大発会は儲かりやすい?、マネーゴーランド

おっと、2010年~2013年の大納会は、ご祝儀相場で値上りしています。しかし、2014年から2016年の3年間は値下がり。儲かるどころか損をしてしまいます。特に2016年の大発会は582.73円と大きく値を下げています。

単純に、大納会で買い・大発会で売るのは結構難しそう。

そこで、始値と高値の関係を見てみましょう。ご祝儀相場で大きく値上がりしたところで、皆が利食い売りを入れて、値下がりしてしまうという仮説も成り立ちますから。

大発会の始値で買い終値で売った場合は、2015年が少しプラス。2016年と2014年は、マイナス。始値と高値を比べて見ても、あまり有効な策ではなさそうです。ピタリと高値で売るなんてできませんからね。

<日経平均株価:大発会の四本値>

大納会と大発会は儲かりやすい?、マネーゴーランド

さあ、今年はどうなるでしょうか。ご祝儀相場といえども、絶対確実に上がるなんてことはないことが分かりましたね。やはり、銘柄ごとの動きやその時の状況を日頃から掴んでおくことが大事ということです。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。