将来のリスクは大丈夫?「地震保険加入率」高い&低い都道府県ランキング

読了目安[ 2 分 ]

自然災害の中でもやはり怖いのは地震です。2011年3月11日に発生した東日本大震災の衝撃は未だに多くの人の心に傷を残しています。

自然災害は自分の力ではどうすることもできませんが、もしもの時に備えて、せめて地震保険に入ることを検討してみませんか。

地震保険とは

首都圏でも大規模な地震が30年以内に高確率で起こる、などといったセンセーショナルな発表を政府の地震調査委員会や多くの研究者が発表。地震に対するリスク意識が高まっているのを強く感じる今日この頃で、地震保険の加入率も年々増加傾向にあります。

地震保険とは建物と家財を対象とした地震・噴火、これらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失による損害を補償する地震災害専用の保険です。火災保険では保証されない上記を保証する保険なので、火災保険への加入は必須となります。また保険料は対象となる建物、構造以外に所在地(都道府県)でも変わってきます。地震の発生頻度に紐づく内容なので、これも加入率の地域差に影響が出そうですね。

地震保険加入率が高い都道府県 ベスト5

さて、それでは地震保険加入率の都道府県別ランキングを『一般社団法人 日本損害保険協会』が発表した、2015年のデータをもとにご紹介します。

1.宮城県(51.5%)
2.愛知県(39.4%)
3.東京都(36.1%)
4.神奈川県(34.4%)
5.千葉県(32.9%)

1位の宮城県は東日本大震災後の影響でしょう、全世帯数の半数以上が加入しています。その他は平均所得が高く生活水準が高いと思われる都市部、なおかつ津波の危険性のある海沿いで加入率が高いようです。

地震保険加入率が低い都道府県 ベスト5

1.長崎県(13.9%)
2.沖縄県(14.3%)
3.島根県(15.3%)
4.長野県(19.3%)
5.青森県(19.7%)

1位の長崎県は地震の少ないエリアと言われているようですが、同じように地震が少ないと言われた熊本県でも地震が発生しています。ちなみ熊本県の地震保険加入率は29.8%です。

加入率ランキング、いかがでしたでしょうか。 地震保険料2017年1月から最大14.7%UP!今見直すべきポイントは でご紹介していますが、来年1月より地震保険料の改定があり保険料が上がる地域もあります。お住いの環境とリスクを鑑みて検討してみてはいかがでしょうか。

<災害に関するお勧め記事>
入浴中に大地震が起きたら…?シーン別防災対処法まとめ 【自宅編】
地下街で大地震が起きたら…?シーン別防災対処法まとめ【外出編】
ポケモンGOなどスマホ操作で事故発生!損害&生命保険は適用される?

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。