もっと「体験する」時代に! 「AOI TYO Holdings」発表会取材レポート

3

読了目安[ 3 分 ]

CMなどの映像制作を中心として事業を進めてきた株式会社AOI Pro.と株式会社ティー・ワイ・オーが合併し、『AOI TYO Holding』が、2017年1月設立されます。本日12月28日、その新会社の事業計画に関する記者発表会が行われました。

もっと「体験する」時代に! 「AOI TYO Holdings」発表会取材レポート

CM、映画制作の大手の合併とあって、業界全体が注目する今回の統合。そこには、今後の映像などを含めたメディアのあり方の未来予想図が見えてきます。

事業を取り巻く環境ってどうなっているの?

スマホや電車内で動画を見るというケースのように、テレビだけではない様々なメディアが台頭し、これまでの事業モデルもメディアのあり方も変わってきています。

そこで、これから求められる大きなテーマが「体験」。モノと情報であふれ返る社会だからこそ、実際に自分の目で見て体験する、実体験に近づける、そんな「体験」の価値が上がってきているのです。

たとえば、AOI Pro.が2016年秋に発表した新コンテンツ『VR Dream Match – Baseball』。ヘッドマウントディスプレイを装着するだけで、「プロのピッチャーが投げた球を打つ」体験をリアルに感じられるというものです。マネーゴーランド編集部では、これを先日取材させてもらったばかりですが、ヤンキーススタジアムのバッターボックスに立っているかのような臨場感、観客席との距離感など、そのすべてのものに心が揺さぶられました。
もっと「体験する」時代に! 「AOI TYO Holdings」発表会取材レポート

新会社のミッションは「心動かす」価値創出

この日、発表された『AOI TYO Holding』が掲げるミッションは【新しい「心動かす」で、新しい価値創出をしつづける。】

まさに、先ほどの新VRコンテンツのように、単なる視聴ではない、体験。心動かす、何か。そのワクワクを生み出すために、最新のテクノロジー、マーケティング手法、データ解析、 これまで培ってきたコンテンツ制作の知見で企業と生活者のコミュニケーションに変革をもたらしていくということです。

この説明会に出て1番感じたことは、あらゆる様子が変わったとしても「コミュニケーションの肝」はこれからも変わらない。面白い、びっくりした、笑う、泣く、驚く、そんなあらゆる感情を生み起こし、行動を促す。

理論だけではなく感覚がもっと重要になる、そういう時代がやってきたのではないかということです。それだけワクワクに溢れる未来が待っているということではないでしょうか?

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。