余った年賀状を無駄にしない!「書き損じ年賀状」無料交換サービスとは?

2

読了目安[ 3 分 ]

パソコンでも手書きでも、今もまだ古き良き風習として年賀状を送る習慣が続いていますよね。

ですがはがきや切手は、書き損じたり、買ったけど使わなかったりということがあります。郵便局で、この勿体ない損を避けるための交換サービスがあることを知っていますか。

今回は具体的にどのような場合に交換できるのかを紹介していきましょう。

交換可能なアイテムは?

郵便局のサイトには明確に書き存じたはがきや切手を交換するという紹介ページがあります。具体的に交換できる商品は、通常切手、特殊切手、くじ引き番号付き郵便はがき、その他の郵便はがき、郵便書簡、特定郵便(レターパック封筒およびスマートレター封筒、エクスパック封筒、旧エクスパック封筒(公社発行のもの)があります。所定の手数料がかかりますが、余ったものを交換できる便利なサービスです。

近親者のご不幸による喪中時、無料交換できる年賀はがき

近親者のご不幸は突然起きるものです。当然その年は喪中となり、すでに購入していた年賀はがき・寄付金付きお年玉付き年賀郵便切手については、通常切手などと無料で交換することが可能です。

具体的には、通常切手(弔事用切手含む)、通常はがき、往復はがき(その他の郵便はがき)、郵便書簡、特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)などです。簡易局を除くすべての郵便局で交換が可能ですが、無料交換時期は該当する郵便はがきなどの販売開始日から販売期間終了日の間に限定されますので注意しましょう。

くじ引番号付き郵便はがきの交換

年賀状(くじ引き番号付郵便はがき)も、誤購入であり、汚れがない状態であれば交換することが可能です。交換手数料は無料ですが、交換する年賀状の種類(無地、絵入り、インクジェット紙など)と受け取るはがきの種類によって、交換不可の場合や別に代金がかかる可能性もありますので注意しましょう。

書き存じで年賀状が余ることは多くの人に経験のあることだと思います。新年早々損をしないようにこういった親切なサービスを十分に活用していきましょう。はがき・切手の交換サービスの詳細や諸条件については、郵便局のウェブサイトをご確認ください。

<年末の家計を助ける!おすすめ関連記事>

想定外の出費で…年末に「家計が火の車になる」典型的失敗例3つ
【2017年お金持ちになれる財布の特徴】避ける色&使い始めに最適な日は?
どんどんお金がなくなる!財布でわかる「絶対お金持ちになれない人の特徴」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。