休日ドライブに最適!コンビニで入れる500円の1DAY自動車保険比較

読了目安[ 3 分 ]

日本全国で5万店を超えるコンビニエンスストアは、私たちの暮らしに欠かせない存在ですが、そのコンビニで自動車保険に加入できるサービスがあることはご存知でしょうか。

コンビニで扱う自動車保険は、1年更新タイプの自動車保険とは異なり、1日単位の補償や、金額も500円からと手ごろなものもあります。

また、事故歴によって保険料が変わる等級制度はありません。ちょっとだけ運転する時のために、手軽に入れる保険は要チェックですね。

セブンイレブンで入れる1DAY保険

店頭のマルチコピー機で入れる自動車保険『1DAY保険』(三井住友海上火災保険)を取り扱っています。

3つのプランがありますが、補償内容はいずれも他人をケガさせてしまったり、死亡させてしまった場合の対人賠償、他人の車や家などを壊してしまった場合の対物賠償があり、補償は無制限です。自分や同乗者のケガなどの補償も付いていて、保険料は1日500円です。

車両補償の特約もありますが、補償の開始日が初めて契約する日から7日以内の場合には付けられないことがあります。車両補償も必要な時は、事前にネット予約をして、8日後以降に契約しましょう。

1DAY保険は、マルチコピー機で手続きをしたら、レジで保険料を支払います。その時刻から24時間が、補償期間です。マルチコピー機なら、車を貸す人と借りる人が、一緒に画面で契約内容を見られますし、保険料の支払いもお互いに確認できるので、大変実用的ではないでしょうか。

ローソンで入れる1DAY保険

携帯電話で加入できる『ちょいのり保険』(東京海上日動火災保険)を扱っています。保障内容はセブンイレブンの『1DAY保険』と同様で、保険料も1日500円です。

ただし、補償期間は、補償が開始された日の24時までなので注意が必要です。日をまたいで運転する場合は、補償が切れないように気をつけしましょう。また、車を運転する人の事前登録が必要です。登録は、携帯電話からできます。

ファミリーマートで入れる1DAY保険

『スキャンde見積り』という、アクサ損保の自動車保険の見積もり請求ができるサービスがあります。店頭のマルチコピー機を操作して、その場で見積もりがとれるところが便利です。

1日だけの自動車保険のメリットと注意点

例えば、実家や友人の自動車を借りて出かける時や友達同士でドライブに行って運転を代わる時などにピッタリです。

コンビニや携帯電話で保険に入れるなら、運転する直前でも契約できるということです。急に運転することになったとしても、無保険にならないので安心ですね。

一方、気をつけなければならないのが、この自動車保険の補償の対象範囲です。あくまでも、他人所有の自家用車(普通・小型・軽四輪)を借りた時の自動車保険で、法人が所有している自動車やレンタカーやカーシェアリングは補償の対象外になります。

そのため、自分や配偶者が所有する自動車は対象外です。実家や友人の自動車を借りる時の自動車保険と覚えておきましょう。

年末年始は旅行や帰省など、車を借りて運転する機会も増えそうです。もしもの時、車の所有者に迷惑をかけないためにも、1日単位の自動車保険を上手に利用しましょう。

保険に関するおすすめ関連記事

芸能人の脚、瞳、お尻、胸に数億円!実はパーツ保険はない代わりに…
9500万円の賠償金実例も…義務化が進む「自転車保険」FP推奨の加入法
女性向け保険の必要性は?保険料はいくら?いつ入れば良い?

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。