年末年始「日本・海外の株式市場」休日&経済指標イベント まとめ

読了目安[ 4 分 ]

2016年も終わりが近づき、新しき2017年を迎えようとしていますね。何かと忙しい師走の時期、今年は、株式も為替相場も大きく動いていますから、気を抜くことができません。落ち着いて年末年始の証券取引所及び為替市場のスケジュールを確認しておきましょう。

まず、年末にかけてのお休みですが、日本の天皇誕生日=23日とクリスマス=25日、そして、年末年始が休日となりますので、ご注意ください。

また、特に、為替市場は、クリスマス前後は流動性が低くなって、思わぬ上下動が起きることもあるので、取引量を減らす・ストップロス・指値を活用するなどで対応しましょう。

年末年始の日本・海外の株式市場の休日まとめ

●12月23日(金):天皇誕生日=日本の株式市場はお休み
●12月26日(月):クリスマスの振替休日=米国をはじめ多くの株式市場はお休み
為替市場は東京市場のみで、海外市場の翌朝まで取引停止の会社がほとんど
●12月30日(金):大納会=日本の株式市場は大納会で年内の取引を終了
●1月1日(日):元日
●1月2日(月):元日の振替休日=世界的に金融市場はお休み
        為替市場は一部開場
●1月3日(火):海外の株式・為替市場の実質スタート
●1月4日(水):大発会=日本の株式市場が始まる日。

今年は、大みそか・元日が土日にあたりますね。投資の英気を養って大発会から頑張りましょう。

大発会と大納会

日本の証券取引所で行われる締めとスタートのイベント。大納会は、年末の最終取引日。大発会は、年始の初日に開催されます。年末年始の風物詩として、ニュースで報道されることから、株式に興味がなくても言葉だけは知っている方は多いはず。

今年の大納会は、女子レスリングで五輪四連覇の偉業を成し遂げた伊調馨さんがゲストで登場。年始の大発会は、晴れ着姿の女性が多数参加することで有名。

実は、この大納会&大発会に、一般の方が参加することもできます。残念ながら、今年のお申込みは締め切られてしまいましたので、参加したい方は、来年の大納会そして、再来年の大発会をお待ちください。今年の申込み期間は、11月29日~12月11日、定員は、大納会60名・大発会約100名(応募者多数の場合は抽選)。

年末年始の主な経済指標・イベントスケジュール、マネーゴーランド

年末年始のお休みを確認したら、今度は、年末年始の政治・経済イベントのスケジュールを確認しておくこと。日本は年末年始を大事にしますが、欧米のキリスト教圏はクリスマスこそ大事。そのため、元日が終わったら、金融市場はすぐにスタートします。

年末年始の主な経済指標・イベントスケジュール

12月20日(火):日銀金融政策決定会合、政策金利発表
1月6日(金):米雇用統計
1月6日(金):米上下両院で大統領選出
1月17~20日:世界経済フォーラム(ダボス会議)
1月19日(木):ECB(欧州中央銀行)、政策金利発表
1月20日(金):米国大統領就任式
1月30日(月):日銀金融政策決定会合、政策金利発表
1月31~2月1日:米FOMC

2017年は、米国のトランプ大統領が本格始動します。日本のアベノミクスのように、長期間、株式は上昇し続けるのか?それとも失速してしまうのか・・・2017年の金融市場は、荒れ模様の予感がいたします。

次回も宜しくお願い致します。

<おすすめ関連記事>
トランプ氏勝利から一ケ月!「ゴールド・為替・金利」世界の動きは?
トランプが劇的勝利!政策から紐解く「世界情勢&日本への影響」どうなる?
高確率で儲かる⁉︎「上場する企業(IPO)株」購入の方法とスケジュール解説

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。