年収1,000万以上はせっかち?「成功者は早歩き派が多い」理由

2

読了目安[ 4 分 ]

人の性格特長は様々ですが、せっかちな人は余裕がないと思われるのか、嫌われがちです。それでも、年収1,000万円を超えるお金持ちだったら、せっかちも行動力のある人と、効率的に行動する人、と受け取られて世間から認められるのではないでしょうか。

なぜ突然そんな話題なのか。せっかちとお金持ちなんて関係ないだろう、とお思いの方も多いでしょう。でも実は年収1,000万円以上の人は早歩きである、というデータがドコモ・ヘルスケア株式会社が発表した「早歩き歩数に関するからだデータ調査」より判明したのです。

年収1,000万円以上の早歩きデータ

年収と歩行速度が比例しているというデータは、全国の男女1,229人を対象に、年収とボーナスに関するアンケート調査を行い、さらに歩行速度、歩行時間等の歩行に関する実データを集計した結果より導き出されました。

そのデータによると、日本の平均年収が含まれる「年収400万円以上500万円未満」の層の平均歩行速度は時速2.69kmに対して、年収が上がるほど平均歩行速度も高くなることが判明。「年収1,000万円以上」の層では、平均歩行速度がどの年収層よりも最も早く、時速3.13kmであることが判明ました。

また、歩行時間のうちどのくらい早歩きしているかを表す「早歩き率」についても年収別に分析。すると年収が高いほど、早歩き率も高くなる傾向が判明しました。「年収400万円以上500万円未満」の早歩き率は22.3%なのに、「年収1,000万円以上」の早歩き率は29.2%と、歩行速度のみではなくそもそも早歩きをしている割合が非常に高い傾向だったのです。これはもうせっかちと言わざるを得ません。

年収1,000万円以上はなぜ早歩きなのか

前述のデータから何を学ぶべきか。せっかちな人がビジネスで成功するのでしょうか?決してそうではありません。たしかに早歩きであることはせっかちな性格の場合があるかもしれません。しかし高年収を稼ぐということは時間を有効に使っていたり、毎日忙しく働いていたりといった生活スタイルがあることも想像できます。

しかも、行動力、無駄のない効率的かつ即断即決の決断力、そして何よりもすべての行動におけるスピード感を持っているのでしょう。それらは、まさにリーダーに求められる条件。だから早歩きの人は、それが年収に反映されている、といえるのではないでしょうか。

狭い日本、そんなに急いでどこへ行く、という交通標語もありましたが、こんな時代だからこそ、せっかちも悪くない、と思えるデータですね。

<キャリアアップに関するおすすめ記事>
3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断
年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは
佐藤健も菅田将暉も!「仮面ライダー俳優に学ぶ」現代キャリアアップ術
年収300万でフェラーリに乗る!庶民が高級外車を購入する方法

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。