クリスマス休暇でも上値期待続く!? 【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

1

読了目安[ 3 分 ]

12月第3週の見通し(2016/12/19)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「クリスマス休暇で市場の流動性が低下」
先週ドル円は今年2月以来の高値118円台に上昇するなど、第二弾のドル高がスタート。
先週は今年最後のビッグイベントとなるFOMC会合が開かれました。会合では今年初めてとなる0.25%の利上げを決定しましたが、市場は既に織り込んでいたことから反応は見られませんでした。一方、メンバーによる来年の利上げ見通し、いわゆるドットチャートは前回の2回から3回の利上げに修正されました。市場は更なる引き締め観測を確認したことからドルは全面高となりました。また、イエレンFRB議長は最近のドル高や米長期金利の急速な上昇に対して懸念を示さなかったこともドル買いに安心感を与えました。

今回のFOMCでの金利見通しはトランプ次期大統領の政策期待が全く考慮されていませんでした。もし、期待通りトランプ政策が実施されるようならインフレが上昇し来年の利上げペースは予想以上に早まることになるでしょう。実際にFOMC後米国長期債利回りは2014年9月以来の高い水準となる2.6%まで上昇。既に市場は更なる利上げを催促する格好となっています。

一方、日銀は日本の10年債利回りを0%付近で釘付けしようとしていることから、日米金利差は拡大しドル円の上昇の余地を大分残すことになります。

ドル円はFOMC直後に115円付近まで下落した後一日で118円65銭まで3円50銭余り上昇しました。週末にはドル高の修正の動きが入り117円50銭付近まで押し戻されましたが調整幅としてはこれまでと同様に小さいものとなりました。

今週は週末にクリスマス休暇でほとんどの市場が休場となります。また、日本も23日は天皇誕生日で祝日となることから、市場の流動性は極端に低下することになります。
その薄商いの中でこれまでのドル上昇の反動が出るとの見方もあります。しかし、FOMC前後の相場の動きをみるとそれ程ドルの買い持ちポジションの偏りが見られませんでした。
昨年12月のFOMCでは9年半ぶりの利上げを実施し、その後中国株価下落を機にドル円は下落に転じました。

しかし、今年の中国経済は安定していることや原油価格も上昇するなど状況は異なります。今年は予想外の結果が多く、調整は小幅に止まる中でドル円は昨年のNY終値となる120円前半を目指す展開を予想しています。

流動性の低下した市場は動き出すと一方向に動きやすく、取引は慎重に行うようにしましょう。

今週のドル円予想レンジは120円20銭から116円70銭とみています。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。