足元からぽっかぽか!登山家が惚れる「雪山にも負けない冬用インソール」

読了目安[ 4 分 ]

さる11月24日、東京をはじめ関東地方では初雪が降りました。
東京で11月に初雪を観測したのは1962年以来54年ぶりとのこと。
現時点でこの寒さなら、いったい真冬はどうなってしまうの?
と不安に感じる方も多いかと思います。

しかし案ずることはありません。今回は雪山登山に目がないハイカーである筆者が、日常でも使っている防寒グッズをご紹介いたします。

「雪山仕様の防寒グッズ」
どうですか?頼もしい響きではありませんか?

最強の靴の中敷き『スーパーフィート』

登山靴の中敷きといえば、抜群の衝撃吸収性とサポート力が売りの『スーパーフィート』シリーズが有名です。こちらのシリーズは足裏を支えるアーチが非常に深いので、ノーマルな中敷きよりも確実に疲れにくいのが特徴。

膝や足首、足の付根などへの衝撃を高密度なフォーム素材が吸収してくれるので、下山時まで元気がつづく優れものです。

登山家が日常生活で愛用している防寒グッズ・靴の中敷き編、マネーゴーランド

楽天でスーパーフィート商品一覧を見てみる
Amazonでスーパーフィート商品一覧を見てみる

冬は「レッドホット」と「ホットピンク」を選ぶべし

そんな『スーパーフィート』には従来のベーシック以外に、ラン仕様のハイレスポンスタイプ、薄くて超軽量なカーボンタイプ、ビジネスシューズ向け等々、多種多様なシリーズが発売されています。

そして今回おすすめするのが、ウィンタースポーツや雪山登山などに最適な寒冷地仕様の男性用「レッドホット」と女性用「ホットピンク」の二つ。
写真は女性用のホットピンクになります。

ベーシックタイプの基本性能はそのままに、温度調整素材「アウトラスト」を搭載し、保温、放熱を容易にすることでシューズ内を常に快適に保ちます。
また、とくに冷えやすい指先がある前足部の裏には「ホイル生地」を採用し、雪面から来る冷えをシャットアウト! これで長い雪山山行も怖くありません。


楽天|レッドホット


Amazon|レッドホット


楽天|ホットピンク


Amazon|ホットピンク

真冬の大行列もこれさえあれば怖くない!

こちらのウィンター仕様シリーズ「レッドホット」と「ホットピンク」。
通勤通学やお買い物など、日常生活にあまり出番はないとは思いますが、冬の屋外で何かの列に長時間並ばないといけないときには大変重宝します。

たとえば冬コミ(コミケ)の待機列に並ぶ際。海風、ビル風等で大変冷えるため、冬山装備さながらの人も多いとか。
そこで出番です。冷気を靴底からシャットアウトするので、とても快適な待ち時間となることでしょう。

除夜の鐘つきの待機列。
案ずることなかれ!私たちにはスーパーフィートがある。

初詣の待機列。
案ずることなかれ!私たちにはスーパーフィートがある。

初売り福袋の待機列。
案(以下同じ)…

ということで、屋外で何かを待つ用事がある日には、スーパーフィート・レッドホットorホットピンクを靴の中にしのばせましょう。
なお、事前のサイズ調整をどうかお忘れなく!

ちなみにスーパーフィートは、ベーシックタイプなら一般の靴屋さんで販売されている場合もあるかもしれませんが、寒冷地仕様はアウトドア洋品店等で購入できます。値段はベーシックは5,000円前後、寒冷地仕様は6,000円前後です。

<防寒のおすすめ記事>

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。