マタハラとは?改正育児介護休業法で上司や同僚が気をつける言葉

読了目安[ 3 分 ]

近話題になっている「マタニティハラスメント=マタハラ」。

平成29年1月1日施行の改正育児介護休業法で内容が厳しくなりました。

会社の上司や同僚は、これまで以上にマタニティハラスメントと受け取られないように言葉の使い方に気をつけなければいけません。

そこで今回は、どんな言葉や行動がマタハラになるのかをご紹介します。

マタハラとは

マタハラとは、妊娠、出産だけでなく、育児、介護までをも含み、職場で精神的・肉体的な嫌がらせを受けたり、育児や介護を理由に解雇や雇い止めで不利益を被ったりするなどの不当な扱いを受けることです。

「つわりでよく休んで皆が迷惑しているので、しばらく休め。」とか「君の代わりがいないのに仕事をどうするんだ。」などは、明らかにマタハラの言動とわかります。

しかし、「つわりがひどくて辛そうだからしばらく休んだら。」とか「切迫流産だから無理してでてこなくていいよ。」は、一見相手を気遣っているようですが、マタハラに該当します。

つわりは一時的なことですし、切迫流産も回復するのにそれほど時間はかかりません。

実は、この言葉は暗に「もう来なくていいよ。」の裏返しに受け取られる場合があります。妊娠は病気ではないので、働く意思があれば出産間際まで働けます。やさしそうな言葉に惑わされないでください。

会社の上司や同僚の言動も対象に

上司の言葉で傷つけば、ハラスメントとわかりますが、同僚の言動もマタハラの対象となりました。繰り返し言われた場合には、損害賠償の対象となります。

「あなたの仕事を手伝うのは面倒」「他の人を雇ってほしいから早く休んで」など、職場の同僚の場合は知らずについ言ってしまうケースもあるので注意が必要です。

具体的な不利益

具体的に不利益となる例は、解雇、退職強要、契約更新拒絶、降格、不利益な配置転換等があげられます。

よくあるケースは、育児休業後の職場復帰で元の職場ではなく別の職場に変わるケースです。子育てでよく休むかもしれないからと、能力に合わない軽い仕事を任されるという場合です。

この場合、本人がきちんと納得していればいいのですが、仕方なく同意する場合も少なくありません。その時同意したというサインをしていても変更可能です。

会社は職場を代わることのメリット、デメリットを説明したという客観的な事実が必要となるのです。

マタハラを受けた場合は相談を

マタハラに関しては、法律が改正されて厳しくなりました。

しかし事業主や上司、同僚はその内容を知らないケースがほとんどです。

知らないため、つい妊婦や育児や介護をしている社員に対してマタハラに該当する言動や不利益な取り扱いをしてしまうのです。

そこで、もしそのような言動等を言われた場合は、まずそれが法律違反であることを示唆してください。それでも止まなければ労働基準監督署等に相談です。

一度退職してしまうと再就職は難しくなりますので、会社を辞めるという選択肢は、最後の最後にお願いします。

女性を守る!おすすめ記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。