夫&妻の収入合算すると危険な夫婦は?「マイホーム購入とお金」失敗例

読了目安[ 2 分 ]

Gさんはいま、とても不安です。
妻の退職を機に、住宅ローンをひとりで背負うことになるからです。

新居を決めかねていたとき、ふらっと見学に入ったマンションで、
「おふたりの収入を合わせれば、ご希望の部屋に手が届きますよ!」
と勧められてマイホームの購入を決意。
ふたりの収入を合算して、希望する額を借りることに成功したといいます。

夫婦の収入合算は何のため?

マイホームは高額な買い物ですから、夫婦でお金を出し合って購入するのはよくあることです。
それぞれの貯蓄からお金を出し合うのはもちろん、Gさん夫婦のように、ふたりの収入を合算してローンを組むケースも少なくありません。

Gさん夫婦がそうだったように、多くの場合、収入合算を行うのは、借入額を増やすためです。
でも夫婦で働いているのなら、
「ふたりで住宅ローンを返していこう」
と考えるのは自然なこと。
収入合算をしてローンを組むことに、問題はなさそうです。

夫婦の収入合算をしてはいけない人

しかし今回のケースのように、収入合算者である妻が仕事を辞めてしまうようなことがあると、その後の返済に不安が残ります。

よく見られるのが、子どもの誕生をキッカケに、収入合算者である妻が仕事を辞めたり、働き方を見直すことで収入が減ったりというケースです。

収入を合算してローンを組むということは、少なくともローン返済中は、その収入を頼りにできることが前提になります。
借入れを決める前にしっかりと考えておく必要があるでしょう。

合算者の収入を頼れないのなら、収入合算はしないこと。
「それでは資金が不足する」
「希望の家に手が届かない」
というのであれば、背伸びしていないかを疑ってみましょう。

「マイホーム購入とお金」そのほかの失敗例

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。