住宅ローンで夫婦の収入を合算する理由は?してはいけない夫婦は?

読了目安[ 2 分 ]

Gさんはいま、とても不安です。妻の退職を機に、住宅ローンをひとりで背負うことになるからです。

新居を決めかねていたとき、ふらっと見学に入ったマンションで、「おふたりの収入を合わせれば、ご希望の部屋に手が届きますよ!」と勧められてマイホームの購入を決意。

ふたりの収入を合算して、希望する額を借りることに成功したといいます。

夫婦の収入合算は何のため?

マイホームは高額な買い物ですから、夫婦でお金を出し合って購入するのはよくあることです。

それぞれの貯蓄からお金を出し合うのはもちろん、Gさん夫婦のように、ふたりの収入を合算してローンを組むケースも少なくありません。

Gさん夫婦がそうだったように、多くの場合、収入合算を行うのは、借入額を増やすためです。

でも夫婦で働いているのなら、「ふたりで住宅ローンを返していこう」と考えるのは自然なこと。収入合算をしてローンを組むことに、問題はなさそうです。

夫婦の収入合算をしてはいけない人

しかし今回のケースのように、収入合算者である妻が仕事を辞めてしまうようなことがあると、その後の返済に不安が残ります。

よく見られるのが、子どもの誕生をキッカケに、収入合算者である妻が仕事を辞めたり、働き方を見直すことで収入が減ったりというケースです。

収入を合算してローンを組むということは、少なくともローン返済中は、その収入を頼りにできることが前提になります。借入れを決める前にしっかりと考えておく必要があるでしょう。

合算者の収入を頼れないのなら、収入合算はしないこと。

「それでは資金が不足する」「希望の家に手が届かない」というのであれば、背伸びしていないかを疑ってみましょう。

住宅ローンについて知る

  1. 住宅ローンの基本的な仕組みとは?事前審査と本審査の違いは?
  2. 住宅ローン金利の選び方は?全期間固定・変動金利・固定期間選択型の違い
  3. 住宅ローンの返済はどちらが得?元利均等と元金均等方式
  4. 全期間と当初期間の金利引下げはどちらが得?10年固定の注意点
  5. 手数料・保証料で損しない!3つの住宅ローン諸費用の考え方
  6. 住宅ローンの繰上返済とは?期間短縮型・返済額軽減型のお得な活用方法
  7. 団体信用生命保険とは?住宅ローン契約者が死亡したら残債はどうなる?
  8. 住宅ローンで老後破綻?将来の家計と最適な返済期間の考え方
  9. 住宅ローン返済額や期間の平均は?月収の何割が妥当?調査結果
  10. 住宅購入とローン返済の具体的な7つの失敗事例
  11. 自宅売却する方法は?注意すべき住宅ローンと売買費用の考え方
  12. 住宅ローンとどちらが得?現金一括で購入のメリットとデメリット
  13. 住宅ローンを見直したい!金利、返済期間、団信の3つをチェック
  14. マイナス金利を逃すな!住宅ローンの借り換えで300万円節約する方法
  15. 住宅ローン減税とは?手続きはいつまで?条件や必要書類は?
  16. 還付金170万円以上!住宅ローン控除の条件・手続きと計算方法
  17. 住宅ローンを選ぶとき、損をしていませんか?住宅ローン選びの3つの誤解 [PR]

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。