マスコミはやっぱり強い!「30歳で年収1,000万円狙える企業」リスト

読了目安[ 3 分 ]

30歳で年収1,000万円を稼ぐことができる企業はやはり限られています。社会人の平均年収がおよそ500万円と言われているのに、30歳という若さでその倍以上稼ぐということは、それ自体がすでに狭き門です。

それでも高収入を狙っていきたい方のために、就職・転職のための企業リサーチサイト『Vorkers』に寄せられる社員の口コミ情報をもとに、株式会社ヴォーカーズがまとめた「30歳で年収1000万円が狙える企業」の結果を参考にご紹介します。

広告業界

まず高収入でイメージされるのが、大手告代理店でしょう。
「30歳で1,000万オーバー、その後はマネージャークラスになれるかどうかで差が出てくる」
という口コミがあり。
ただし給料の大半が、残業代によって構成されているなんて声もあり、長時間労働は避けられないのかもしれません。

テレビ業界

フジテレビや日本テレビ、テレビ朝日等民放キー局であれば30歳で1,000万円を狙えます。
こちらも残業が多いですし、年功序列制度が色濃いこともあるようです。
ただ、インターネットメディアの台頭によってテレビ業界の影響が縮小しつつある今後もこの水準が担保されるかどうかを見極める必要があるでしょう。

総合商社

総合商社も30歳年収1,000万円を狙えます。
三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事など景気の影響や部署による残業の差、海外勤務経験も考慮されるようですが、40代では2,000万から3,000万円も狙えるよう。

金融業界(銀行・保険)

みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行などのメガバンクや東京海上日動などの保険会社も1,000万円を狙えます。
総合職であれば一部を除いて年功序列でほとんどが30歳で1,000万円程度狙えるようです。

金融業界(投資・証券)

ゴールドマンサックスや野村證券、メリルリンチ日本証券など高収入のイメージが強い業界ですね。
完全成果主義、結果の出ない人間は淘汰されていくイメージも強いです。

IT業界

グーグルやシスコシステムズなどのIT企業は年収1,000万円を狙えます。
恵まれすぎた福利厚生とあわせて人気の企業。
入るのがとにかく難関ですね。

コンサルティング業界

アクセンチュア、野村総合研究所、ボストンコンサルティング、マッキンゼーなども高収入のイメージが強い業界です。
仕事はハードですが、その分給与も高水準です。

いかがでしょう、ぜひ自身の興味や経験と照らしあわせて転職も考えてみてはいかがでしょう。

キャリアアップに関するおすすめ記事

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。