宝くじ・結婚・開業にイイ!開運最高潮な「天赦日」とは?

6

読了目安[ 3 分 ]

日本には様々な吉日があります。大安や寅の日などはよく耳にしたことがあるかもしれませんが、そのような吉日の中でも天赦日(てんしゃにち、てんしゃび)は最高に縁起がいい日と言われています。

天赦日とは、天が赦す(ゆるす)日という意味であり、様々な罪が許される日なのです。今回は、そんな天赦日とやった方がいいことについてお話しします。

天赦日にすると良いこと悪いことは?

天赦日はあらゆることのスタートの日にもってこいの日と言えます。ビジネスや結婚といったスタートはもちろん、トラブルの和解や自分への投資といった将来に関することに大きな幸運をもたらしてくれます。天赦日は、まさにこれから何かを始める人には大きなきっかけになるでしょう。

しかし、そんな天赦日でも何もかもが許されるわけではありません。様々な罪が許されるといっても犯罪を犯していいわけではありませんし、ギャンブルの危険性が減ることもありません。

あくまでも天赦日にするといいことは、“未来”に向けたことであることであり、過去や現在を裕福にするだけのことは意味があまりないことを忘れないようにしましょう。

天赦日の中でも最高に縁起のいい日は?

天赦日は大安などと比べて、年間にある日数が少なく貴重なラッキーデーと言えます。そんな何を始めるにも吉日である天赦日の中でも、さらに最高に縁起が良くなる日とは、ずばり他の吉日と日が被っているとき。

2016年であれば、一粒万倍日と呼ばれる吉日と被っている日があります。一粒万倍日とは、宝くじ購入にも最適!幸運が万倍に増える「一粒万倍日」とは? でも紹介していますが、一粒の籾が万倍にもなることから、非常に小さな幸せが万倍まで大きくなるという縁起のいい日なのです。

そして、そんな天赦日と一粒万倍日が被っている日が、12月8日なのです。しかも、六曜(大安や友引)などを見てもマイナスの要素が一切なく、暦上は1年で最も縁起の良い日と行っても過言ではありません。

1年で最もいい日と言われると何かいいことが起こるのではないかとうきうきしますよね。縁起を担ぐ人もそうでない人も、前からやりたいと思っていたことを始めてみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。