全力で仕事するコトは損なのか?【聞いて学ぶ ぶっちぎり社員育成塾】

4

読了目安[ 4 分 ]

ちょっと変なタイトルですね。『全力を出すと損か得か?』

意味がわからないかも知れないので、ちょっと説明しますね。僕は、20歳で会社に入りました。バブルが崩壊したばかりで、かなり就職先が減った時期のことです。

特にやりたいこともなかったので、地元の小売店に就職しました。小売店では一般的に、店長になるのが次のステップです。

たまたま、店長には10カ月で昇進しました。あと、異動したばかりのお店で前年対比179%とかの数字を出してたんですね。

でも、それですぐに給料が大幅に上がったりしません。そういう会社もあると思いますが、僕が入った会社は違いました。ま、そんなもんですよね。

で、友達から「会社の利益にしかならないから、全力でやるのはもったいない」とアドバイスをもらったんですね。

確かに、他のスタッフよりめちゃくちゃ結果を出してる。でも、給料は変わらない・・・・・。給料面だけ考えると、そう思っちゃうかも知れません。友達の言うこともわかる。

わかるけど、それをやったら自分が磨かれない。人生に無駄な時間が出来てしまう。本気でやらないと面白くなくなっちゃう。と思った僕は、それはそれでちゃんとやることにしたんですね。

その場の『点』で考えたら、損とか得とかあるかも知れない。でも、寿命まで生きれるのであれば、先を考えて自分を伸ばした方が得な訳です。その場のお金より、先でも使える実力を手に入れた方が良いんですね。

入社したばかりの時は、評価も金銭的な部分も、自分が思った通りには行かないでしょう。ただ、それはその時点の点の状況であり、一生続く訳ではありません。続いちゃうとすれば、周囲以上の実力がないってことです。

若いうちは、給料とか評価はあまり考えないので、その状況において自分を出しきるようにしましょう。

自分が会社に貢献した度合が高ければ、会社に貢献貯金をしたと考えてください。それを貯めることをすれば良いです。仮に、あなたが会社を辞める時に、会社から貢献貯金がお金として戻って来なくても、世の中のどこかから戻ってきます。

変なことを言うようだけど、そんなものです。評価を無視しましょう。それが、ぶっちぎり社員の考え方です。

■大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』全バックナンバーはこちらから!<毎週土曜日公開中>

・能力を貯金するということが成功への架け橋(声優担当:折原 優依)
・思考を止めない、それが成功確率を高める方法(声優担当:折原 優依)
・仕事は楽しいものだと思い込むことによる大きな効果(声優担当:折原 優依)

■今回のナレーター

折原 優依(おりはら ゆい)

・主な活動歴
GREE/Mobage「武装少女」アリス・キャリック役、岩舟真紀役、
GREE/Mobage/mixi「幻獣姫」ワイバーン役、ピアサ役、
「丸の内キッズジャンボリー」イベント内ナレーションなど。
ツイッター@ori_yui

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。