結婚は12月、離婚は1月が得!配偶者控除で効果的な節税

Photo by Petr Ovralov on Unsplash

読了目安[ 4 分 ]

昨今の男女の考え方として、「結婚式>入籍」という風潮があります。

たしかに、自分の友人や仕事仲間にお披露目をする結婚式は大きなお金を使いますし、準備にも時間がかかるため、その考え方もわかります。つまり、乱暴な言い方をすれば、入籍はいつでも良いという考え方なのでしょう。

実際は、入籍という行為は女性なら名字が変わるだけでなく、各種手続きの変更、税金などの公的な扱われ方も変わります。籍を共にするということは、大切な行為なんです。

では、入籍、または離婚による除籍という行為はいつ行えば良いのでしょうか。それぞれ適した月はあるのでしょうか。

今回は、大切な配偶者控除の観点から、結婚や離婚に最適な時期を考えてみましょう。

所得税・住民税算出方法をおさらい

まず私達が給与をもらった場合の税計算の基礎を確認しましょう。給与にかかる主な税金は、所得税と住民税です。
所得税の計算で、課税金額を算出する基準となる「所得」は、収入から給与所得控除を引いて求めます。

  1. 収入 – 給与所得控除など = 所得
  2. 所得 – 所得控除 = 課税所得
  3. 課税所得 × 所得税率 = 所得税
  4. 所得税 – 税額控除 = 所得税納付額
※ 多くの方が給与所得者だと思いますので、ここでは給与所得者にフォーカスして説明しています

さらに、所得から所得控除を引いて、課税所得を求めます。この「課税所得」がいくらかによって、所得税率が変わり、最終的に支払う所得税額が算出されます。配偶者控除は「所得控除」に分類されます。

ちなみに、住民税は課税所得に10%をかけて算出します。

詳しくは、下記の記事でご紹介しています。
参考|還付金170万円以上!住宅ローン控除の条件・手続きと計算方法

結婚は年末、離婚は年初が良い理由

結婚は年内12月31日まで

配偶者控除は、対象申告年の12月31日時点で控除対象となる配偶者がいるかどうかで決まります。

つまり、年末調整の書類は当該年の1月1日から12月31日までの収入を記載するため、12月31日までに入籍し、かつ配偶者の収入が103万円以下であれば配偶者控除を受けられます。

そのため、いつ入籍しようか迷っているなら、「キリが良いから年明けの1月1日に入籍しようね!」というよりも、ギリギリでも12月31日まで入籍した方が得になるということです。

離婚は年明け1月1日以降

逆に、離婚をするなら年初が良いのは、前年12月31日の離婚と年が明けた1月1日の離婚は1日差でも税計算上は、1年間の配偶者控除分損をするということです。

参考|No.1191 配偶者控除|所得税|国税庁

もちろん、12月31日、1月1日というのは極端なお話ですが、結婚(入籍)は年内が良く、離婚(除籍)は年明けが良いということを知っておきましょう。
ちなみに、離婚が多い月は3月です。

参考|離婚件数が増える時期は何月?理由は?子どもの有無は関係ある?

年末調整後の入籍・除籍は自分で確定申告

もし、年末調整を完了した後に、年内の「入籍」や「除籍」をした場合は、年明けに各自で確定申告を行わなければいけません。

年内に除籍をした場合は納税額が増えるため管轄税務署から指導があると思いますが、入籍の場合は納税額が減るため税務署からの指導はなく、「間違っていたらちゃんと申告してくださいね。」というスタンスだと思ってください。

納税は国民の義務ですが、損をしないように、理解しておきましょう。

ちなみに、「クリスマスに入籍したい!」という人も多いとは思いますが、12月25日入籍は会社の年末調整も終わっていることが多いため、翌年税務署に申告が必要になりそうですね。

結婚の喜びや離婚の疲労に比べれば、1回の配偶者控除の有無や確定申告の面倒さなどは小さなことだとは思います。

ただ、せっかく経験する結婚(や離婚)という人生の大イベントをきっかけとして、税や社会保障のしくみに目を向けることもお忘れなく。

離婚にまつわる関連記事

  1. 離婚理由ベスト5は?夫婦トラブル専門弁護士が見た浮気・モラハラ事例
  2. 結婚は12月、離婚は1月が得!配偶者控除で効果的な節税
  3. 来世は違う人と結婚したい妻が約7割…夫婦円満と収入に関する調査
  4. 離婚件数が増える時期は何月?理由は?子どもの有無は関係ある?

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。