年収300万でフェラーリに乗る!庶民が狙うべき「モデル&年式」は?

読了目安[ 6 分 ]

「愛車はフェラーリです」が実現できる!?

軽快なサウンドを奏でながら、街中を駆け抜ける真っ赤な跳ね馬。
圧倒的なブランドイメージをもつフェラーリに、普通の人が乗るにはどうすればいいか。いつかはフェラーリに乗りたいという方のためにとっておきのハウツーを伝授します。

年収300万でフェラーリに乗る!庶民が高級外車を購入する方法

第2章:どの年代を選べばいいの?

■手の届くフェラーリ・手の届かないフェラーリ
高級車のヒエラルキーの頂点に君臨するフェラーリを、知識と工夫で普通の人が手にしようというのがこの連載のテーマです。今回は、普通の人が手に届く、狙い目のフェラーリを理由とともにご紹介しましょう。

現在のフェラーリにはV8エンジンを搭載するモデルとV12エンジンを搭載するモデルの2種類があり、フェラーリの本筋といえるのはV12エンジンを搭載したモデル。ですがV8の登場以降、ピッコロフェラーリと呼ばれ人気を博し続け、現在はV8モデルの方が人気が高くなっています。そのため中古車市場にも多くのV8フェラーリが流通しています。そこで今回は主なV8フェラーリの変遷を解説したいと思います。※モデル名、販売時期、当時の正規車両価格も記してあります。

年収300万でフェラーリに乗る!庶民が高級外車を購入する方法、マネーゴーランド
(フェラーリ360モデナ)

■308 (1975~1985年) ※日本未導入
1975年にデビューしたフェラーリ初のV8モデル(※)。今後のV8フェラーリの礎を築いた美しいボディフォルムは、イタリアの名門カロッツェリア(工房)「ピニンファリーナ」が担当しています。今見てもまったく古さを感じさせないほど美しいスタイリングは、まさにフェラーリの王道。モデル名の後ろに「GTB」がつくのがクーペ(ベルリネッタ)、「GTS」が屋根が取り外せるオープン(スパイダー)となります。

※1973年にフェラーリが製作した208/308GT4というV8モデルが存在しますが、このモデルはフェラーリというブランドではなくディーノというブランドで発売されたため、実質的には308が最初のV8フェラーリとなります。

■328 (1985~1989年) ※日本未導入
308の後継モデルとして1985年に登場。308をさらにソフィスティケートさせたようなフォルムで、こちらも「ピニンファリーナ」がスタイリングを担当。発売当時から非常に人気が高く、数あるフェラーリの中でもスタイリングの美しさは随一と評されています。こちらもGTBとGTSが存在します。1989年まで製造されました。

■348 (1989~1994年) 1650万円~
328の後継モデルとして1989年に登場。328のデザインから大幅な刷新が図られていますが、こちらもスタイリングは「ピニンファリーナ」が担当。ボディサイドのスリットや一体型のテールランプなど、当時のV12フェラーリであるテスタロッサの意匠が盛り込まれています。クーペの「tb」と屋根が取り外せる「ts」があります。

■F355 (1994~1999年) 1490万円~
V8フェラーリの中で当時から人気の高かったモデルがこのF355。348をさらに洗練させたようなスタイリングは「ピニンファリーナ」が担当しています。F355人気の要因のひとつが、このF355からオートマ(セミAT)が導入されていること。そのため「AT免許でも乗れるフェラーリ」として人気を博しました。※ただしV12フェラーリは、1976年にATモデル(400)が発売されています。「ベルリネッタ」はクーペ、「GTS」は屋根が取り外せるモデル、「スパイダー」は電動ソフトトップのオープンモデルです。

■360モデナ (1999~2005年) 1758万円~
スポーツカーらしくないほど流麗なスタイリングをもつ360モデナ。スタイリングは「ピニンファリーナ」が担当。こちらもMTのほかにオートマ(セミAT)が存在します。「モデナ」がクーペ、「スパイダー」が電動ソフトトップのオープンモデルです。

■F430 (2004~2009年) 2400万円~
360モデナの人気を受けて登場したF430は、予約困難になったほどの人気ぶりで日本でも話題を集めたモデル。360モデナに似たような雰囲気をもち、現代にも通用する多くの最新テクノロジーを導入しています。スタイリングは「ピニファリーナ」に所属するデザイナーが担当。電動ソフトトップの「スパイダー」も存在します。

■458イタリア (2009~2015年) 2830万円~
吊り上がったヘッドライトや3本出しのセンターマフラーなど、全体的にスパルタンな印象になった458イタリア。スタイリングは「ピニンファリーナ」が担当しています。クーペのほかに「スパイダー」が存在しますが、幌ではなくアルミ製のルーフが電動で開閉できるクーペカブリオレという仕様に変更されました。

■488GTB (2015年~)
現行モデルのV8フェラーリとなるのがこの488GTB。前モデルを踏襲したようなスタイリングはフェラーリ社の自社デザインによるもの。

年収300万の人が狙うべきモデルは次ページへ

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。