自営業は月6.8万OK!確定拠出年金「専業主婦&公務員の掛け金」いくら?

読了目安[ 4 分 ]

この連載記事を読んで実行すれば、日本一お得な制度で確実に老後資産をつくれるようになります。

会社員も、公務員も、フリーランスも、フリーターも、専業主婦(夫)でも国民年金保険料を払っている人は2017年から全員加入できるようになった確定拠出年金(DC)についてご説明します。

今回は、老後資産を作る最強の制度「確定拠出年金」にいくらまで掛け金を拠出できるのか解説します。

確定拠出年金(DC)は「企業型」と「個人型」の2つの種類がある

DCには、「企業型」と「個人型」の2つの種類があります。

「企業型」とは

企業が確定拠出年金制度を導入して、従業員のために掛け金を拠出する制度です。企業が拠出した掛け金に、本人が掛け金を上乗せすることもできます。これを「マッチング拠出(従業員拠出)」といいます。「個人型」は、個人が任意に加入し、各自が掛け金を拠出する制度です。金融機関は自分自身で選びます。

「個人型」とは

拠出額全額が、「企業型」は本人がマッチング拠出した部分が「小規模企業共済等掛金控除」という所得控除ができます。

働き方や会社の制度によりいくら拠出できるか変わる

いくらまで掛け金を拠出できるかは、働き方や会社の制度により変わってきます。

掛け金は最低5,000円という低額からスタートでき、1,000円単位で金額を増やせます。ただし、上限額はそれぞれ異なるので、詳しくは下のチャートで確認してみてください。

2017年1月から対象者拡大する確定拠出年金 専業主婦や公務員はいくらまで拠出できる?、マネーゴーランド

チャート内は2017年より加入可能< ※1:国民年金基金加入者は国民年金基金との合算で月6万8000円、付加年金加入者は月6万7000円 ※2※3:企業型DCでマッチング拠出をしておらず、規約に個人型DCの加入者になれる旨の記載があれば両方のDCを利用できる。ただし、掛金の上限は※2で年額66万円(企業42万円+個人24万円)、※3で年額33万円(企業18.6万円+個人14.4万円)

自営業やフリーランスなどの上限は月6万8000円

自営業やフリーランスの方は、個人型確定拠出年金(iDeCo <イデコ> )にて月6万8000円まで積み立てることができます。年間では、81万6000円になります。国民年金基金に加入している方は国民年金基金との合算で月6万8000円まで、付加年金に加入している方は月6万7000円まで拠出できます。

会社員の上限は月2万3000円〜5万5000円

会社に企業年金がない会社員の方は、個人型DC(iDeCo <イデコ> )に加入でき、月2万3000円まで積み立てることができます。

会社の企業年金が企業型DCのみの会社員の方は、企業型DCと個人型DC(iDeCo <イデコ> )に加入できます。上限はそれぞれ月額5万5000円、2万円です。ただし、企業型DCと個人型DC(iDeCo <イデコ> )を合わせた掛け金にも上限が設定されていて、上限は月5万5000円です。

ただし、企業型DCにすでに加入している方が、個人型DC(iDeCo <イデコ> )へ加入するには、「企業型DCにてマッチング拠出(従業員拠出)を行っていないこと」、「個人型DCに加入できる旨、企業型DC規約に定められていること」の両要件を満たす必要があります。

公務員の上限は月1万2000円、専業主婦(夫)の上限は月2万3000円

公務員の方は、2017年から個人型DC(iDeCo <イデコ> )に加入することができ、上限は月額1万2,000円です。専業主婦(夫)の方は、2017年から個人型DC(iDeCo <イデコ> )に加入でき、掛け金上限は月額2万3,000円です。

専業主婦(夫)はそもそも収入がないか、あっても少ないため、所得控除のメリットの恩恵が受けらず、はたして(iDeCo <イデコ> )をやる意味があるのか…との疑問の声がでています。

次回は、専業主婦(夫)にフォーカスして個人型DC(iDeCo <イデコ> )に加入すべきかどうか検証していきましょう。

確定拠出年金シリーズ

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。