ダメ主婦からFPへ!資格取得後「稼ぐ仕事にする」ためには?

読了目安[ 3 分 ]

世の中にはたくさんの資格がありますが、資格を取得してもそれがすぐに仕事につながるとは限りません
資格を持ちながらも、全く関係ない仕事をしている人も多いと思います。
なかには資格取得そのものを目的としている人も多くいるようです。

資格を取って役に立ったことは

筆者自身も、大学時代に取得した高校の教員資格から始まり、生け花の師範、日本語教師…などなど、色々な資格を取得しました。

生け花の師範は、転勤でアメリカに住んでいた時に現地の人との交流に役立ちましたし、帰国後に取得した日本語教師は、外国人に日本語を教えることで、彼らがより快適に日本で生活するために少しは役に立てたと思っています。でもそれでどれくらいお金を稼げたかというと・・・。

以前は、仕事とやりがいは両立するものではないと思っていたため、取った資格とは全く違う仕事をしていました。

FP資格を取得したあと最初にしたこと

そんなわけで、FP資格を取得した時も、特にそれで仕事をしようとは考えていませんでしたが、せっかく資格を取ったので、まずはFPがどんな仕事をしているのか知りたいと思いました。

そこで、地元のタウン誌に掲載されていた、ある女性FPの勉強会に参加してみたのです。
たまたまそこにはFP資格を持った方が他にもいて、連絡先の交換もしました。(今でもその方たちと交流があります。)

しばらくその女性FPが開催するセミナーのお手伝いをさせていただいたのですが、そこで世の中にはお金のことで困ったり、悩んだりしている人がたくさんいることを知ったのです。

かつてはお金に無頓着だった自分だからこそ、そんな人達のためにできることがあるのではないか・・と徐々に考えるようになりました。

一つの出会いが次へとつながっていく

とはいえ、銀行や保険会社で働いていたわけでもなく、資格を取ったというだけではすぐに仕事につながりそうもありません。
そんな時に紹介されたのが、女性FPのための会。その会にはメディアで活躍されている女性FPがたくさん所属されていました。

勉強会などもたくさん開催されており、会員になれば好きなだけ勉強ができるうえ、先輩FPの話も聞かせていただける・・・ということで、即入会。そこでの出会いが、今の仕事へとつながっていくのです。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。