まるで上司×部下の関係に…「産後も仲良し夫婦でいる」3つのポイント

読了目安[ 2 分 ]

産後クライシス・・
産後の夫婦のすれ違い・・

これまで自宅サロンを経営し、最近では医療機関において産前産後のママ向けに様々なプログラムを提供していく中で、たくさんの夫婦を見てきました。その経験から産後もすれ違いのない夫婦になるための考え方のコツをお伝えします。

出産は夫婦で子供を育てるというプロジェクトの始まり

カップルが結婚・妊娠と経験し「出産」と同時にこどもを育てるプロジェクトが始まると考えてみましょう。出産で新しい命を迎えた瞬間、パパとママは同期入社の並列関係です。ママだから抱っこが上手とかはありません。パパもママも新入社員さながらに赤ちゃんを見守りながら奮闘する日々が始まります。

しかしながら、里帰り出産や旦那さんが仕事で帰りが遅い場合、パパが育児をする機会が少なくなります。そうすると、時間の経過と共にママの方がいつの間にか赤ちゃんとの関わりが多くなり気がつくと、技術もコミュニケーションもママが経験と知識を積んで熟練した状態になってきます。

そうなると、ママとパパの関係は上司と部下のようになり、並列関係から上下関係に変わります。パパはママの指示を受けて動くようなる。こうなってくると、多くの男性は「いつもママから指示されている気がする」とか、「いつも命令されているようになる」と感じられることが出てきます。

この関係が続くと、男性側は仕事だけではなく、家庭の中まで窮屈に感じられることも出てきます。家庭内では、妻は上司のようですから、「可愛い」と感じることも少なくなってきます。上司を抱きしめることなんて、部下からしたらかなり難しいのは考えなくても容易に分かるでしょう。

ここまでくると、妊娠前の夫と妻の関係からはかなり違うものになります。「パパは大きい長男だから」とか「出産すると妻が強くなった」とか、「肝っ玉母ちゃん」という言葉が出てくるのも納得ですね。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。