ドル円113円台まで上昇!今週の動きは?【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

読了目安[ 4 分 ]

11月第4週の見通し(2016/11/28)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「イベントリスクでドル高修正の動きも」
先週は日本と米国の祝日を挟み流動性が低下する中でドル高も一服感が漂うなか、ドル円は先週までの上昇を引き継ぎ114円近くまで上昇しました。

先週はフィッシャーFRB副議長やダドリーNY連銀総裁が早期利上げに前向きな姿勢を示しましたが市場の反応はあまり見られませんでした。既に市場は12月の利上げをほぼ織り込んでいて、注目は来年の利上げペースに移ってしまっています。

米国長期金利は先週一時2.4%台に乗せてきました。このレベルは昨年12月のFOMCで利上げを行う前のレベルになります。因みにその時のドル円のレベルは122円付近で推移していました。その時の日本の長期金利は0.2%台で、今の1%付近よりも高いレベルで推移していました。今の日米金利差は当時よりも拡大していることになります。金利差だけを考えるとドル円は122円よりもより高いレベルにいてもおかしくはないという事になります。

トランプ次期大統領が掲げる減税や輸入関税の引き上げ、そして移民制限といった政策はインフレを一気に高めるものです。米長期金利の上昇はそれを見越したものと考えられます。そうなると、来年の米国利上げ回数は1回から2回といったペースではなく更なる追加利上げの可能性があります。

一方、日銀は長期金利を0%付近で抑えようとしているわけですから金利差は更に拡大することになります。そうなると、ドル円の上昇トレンドは今後も継続するとみることが出来ます。

しかし、トランプ次期大統領は日本が円安で輸出を伸ばしていると考えており、ドル高円安が続けば圧力をかける可能性もあります。しかし、長期金利の上昇を止めることは難しく、口先だけでドルの上昇を抑えるのは難しくなりそうです。

今週は30日にOPEC総会が開かれ、減産合意がされないようなら原油価格が下落しリスクオフの円高に振れる可能性があります。反対に合意に至ればリスクオンの円安と同時にカナダドルや豪ドルなどの資源国通貨も追い風となります。

4日にはイタリア国民投票が行われます。こちらもレンチ首相が敗れることがあればユーロ売りに繋がり、リスクオフの円買いに反応する可能性もあります。

そして、週末には注目の米雇用統計が発表され、前月から雇用者数が改善されると予想されます。織り込み済みではあるものの12月利上げはほぼ確定という事になり一時的にドル買いが進むと予想されます。

今週は重要イベントが多いことから一時的に荒っぽい値動きが予想されますが、最終的にドル買いの流れは変わらないとみています。

詳細は私のデイリー情報誌「岡安盛男の稼ぐFX攻略バイブル」で述べていますが、不安定な1週間を経て、年末上昇の期待が続く見通し。今週のドル円予想レンジは112円~115.50円。

【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、来週も宜しくお願い致します。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。