円安・円高で金価格はどうなる?為替変動とゴールドの買い時・売り時

読了目安[ 4 分 ]

たとえば、女性に人気のフランス製・イタリア製の輸入ブランドバッグは、円高になると安く買うことができますね。反対に、円安になると値上りしていまいます。

円高になると円の価値が上がり、円に対する物の価値が相対的に下がるため、円をたくさん持っている人は有利に物を買えるようになります(日本国内は円を持っている人がたくさんいるので関係ありません)。

少し前までは円高で円の価値が上がっていたため、輸入製品など海外の物は安く購入できました。

では、円と同じく通過としての価値を持っている金(ゴールド)は安く買えるのでしょうか、それとも高くなるのでしょうか。

今回は、投資・アクセサリーの両面から気になる、円安・円高の金価格の関連性や買い時・売り時についてお話します。

円高・円安と金の値段

円高・円安で金(ゴールド)の価格はどうなるのか……結論から答えると、金(ゴールド)は円高になると相対的に安くなり、円安になると相対的に高くなる商品です。

円安 → 日本国内の金価格は上昇
円高 → 日本国内の金価格は下落

そのため、前述した外国製のブランドバッグと同じように考えください。ところが、これだけで終らないのが金(ゴールド)の面白いところです。

現在(2016年11月7日:米ドル/円104円前後)、田中貴金属で1グラムの金(ゴールド)を買うための価格は「4,712円」です。それに対して、今より円安(米ドル/円120円前後)だった、1年前の2015年11月の金(ゴールド)の平均価格は「4,333円」です。

為替相場はこの間に120円から104円前後まで円高方向に動いたため、セオリー通りなら金(ゴールド)は安く買えるはずですが、なぜか1グラムあたり約400円も高くなっています。

それは、円が高くなった為替の影響よりも、他の変動要因(政治・経済・金利等)の方が大きかったためです。

参考|金がインフレに強いのは嘘?市場で金価格が変動する7つの理由

円高=ドル安の時に、金(ゴールド)は高くなりやすい

一般的には円高で円の価値が上がると、金(ゴールド)を買いやすくなるのですが、円高によって金(ゴールド)に大量の買いが入ることで、円高の恩恵以上に金(ゴールド)の価格が上がってしまう場合があります。

世界で最も利用されている通貨は基軸通貨の「米ドル」ですが、円高というのは米ドルに対して円が高くなることを言います。言い換えると、円高になるとドル安になるということです。

市場で米ドルが安くなると、米ドルを手放して他の通貨や資産への移動が増えます。一部は金(ゴールド)にも向かうため、需要が増えた金(ゴールド)の価格は上がります。

そのため、たとえ円高に米ドル/円が動いても、金需要が高ければドル建ての金(ゴールド)の価格が上がるために、国内の円建ての金(ゴールド)が安くならないことがあります。

NY金と米ドル/円の日足チャート, マネーゴーランド
※引用:GMOクリック証券

金(ゴールド)の買い時・売り時

では、為替の影響から金(ゴールド)の買い時・売り時を見極めることはできるのでしょうか。

残念ながら、円高・円安の指標だけで金(ゴールド)の買い時・売り時を予測することは不可能です。ただし、円高のときに金(ゴールド)が買いやすいことは間違いありません。

見極めるべき点は、ドルが売られて何が買われているかですが、ざっくり2つに分けると、金融商品(株式、他国通貨など)に向かうか、現物(金銀・プラチナなど)に向かうかです。

近年の金(ゴールド)の変動要因は以下の7つが複雑に絡み合っています。そのため、金(ゴールド)単体や為替要因だけでなく、様々な動向や指標から予測してみてください。

変動要因1.米ドルとの関係
変動要因2.金利動向とインフレ
変動要因3.中央銀行の購入と売却
変動要因4.中国人・インド人など個人の金購入意欲
変動要因5.オイルマネーの増大
変動要因6.鉱山などの金供給
変動要因7.世界的なリスクの高まり

引用|金がインフレに強いのは嘘?市場で金価格が変動する7つの理由

ちなみに、日本で金(ゴールド)やプラチナなどの重さを測るときはグラム(g)を使いますが、国際的な貴金属市場で使う単位は「トロイオンス(toz)」を使います。1トロイオンス=31.1034768グラムです。

日本の金(ゴールド)は「日本円&グラム」で、欧米は「米ドル建て&トロイオンス」が中心のため、海外と日本の金(ゴールド)は、重さと為替の二つを計算しないと、高いか安いかの比較ができません。

少々ややこしいですが、国内と海外で金(ゴールド)の単位が違うことも覚えておきましょう。欧米のドル建て金/トロイオンスを円建て/グラムに計算する時は以下の式を使います。

海外の金価格÷31.1035×米ドル/円レート=日本国内の金価格

これで、海外と日本の値段を同じ土俵で比較できるようになります。

【シリーズ】実物資産運用基本ガイド

  1. 金ETF・金先物・純金積立・CFD取引とは?金融商品の購入方法
  2. 金資産を持ちたい!金貨・地金など現物の基本的な買い方と注意点
  3. 円安・円高で金価格はどうなる?為替変動とゴールドの買い時・売り時

全てのバックナンバーはこちら
実物資産「金・銀・プラチナ」で資産運用

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。