円安だと金の値段がUP!為替でわかる「金の買い時&売り時」はいつ?

読了目安[ 4 分 ]

フランス・イタリア製の輸入ブランドバッグは、円高になると安く買うことができますね。そして、円安だと残念なことに値上りします。では「金=ゴールドはどうなの?」というのは投資家・アクセサリーの両面から気になるところ。

円高・円安と金の値段

まず、結論からお答えします。金は円高になると安くなり、円安になると高くなる商品。外国製のブランドバッグと同じようにお考えください。ところが、これだけで終らないのが金の面白いところ。

  • 円安 ⇒ 日本国内の金は上昇
  • 円高 ⇒ 日本国内の金は下落

現在、『田中貴金属』で1gの金を買うための値段は「4,712円」(2016年11月7日:米ドル/円104円前後)。それに対して今より円安(米ドル/円120円前後)だった、1年前の2015年11月の平均値段は4,333円

為替相場は、この間に120円から104円前後へと円高に動いたため、セオリー通りなら、安く買えるのに、1gあたり約400円も高くなっているのはなぜ、と思いますよね!

それは、為替の影響以上に他の変動要因(政治・経済・金利等)が大きかったため。そして、金の大切な動きとして覚えていただきたいのが、円高=ドル安になった時に、金そのものの価格が上がりやすいこと。

円高=ドル安の時に、金は高くなりやすい

世界でもっとも利用されている通貨の「米ドル」。日本で円高という場合、米ドル安・円高のことを指します。そして、米ドルが安くなる時は、ドル建ての金は上がりやすい傾向を持っています。ドルが安くなると、ドルから流出するお金は他の通貨や資産に流れ込みます。その一部が金=ゴールドにも向かいますので、金は上がります。

このため、たとえ円高に米ドル/円が動いても、ドル建ての金が上がるために、国内の円建ての金が安くならないことがあります。

国内の金と海外の金は、単位が違います。日本は、1グラムあたり幾らと表記。そして、欧米は、グラムではなく「トロイオンス」を使います。ややこしいので、国内と海外で金の単位が違うことをあわせて解決しておきましょう!

NY金と米ドル/円の日足チャート, マネーゴーランド
※引用:GMOクリック証券

海外の単位はトロイオンスが基準

日本で金やプラチナなどの重さを測るときはグラム(g)を使います。ところが、国際的な貴金属市場で使う単位は「トロイオンス(toz)」と単位が違います。

1トロイオンスは約31.1g(正確には31.1035g)に換算。どこまで正確さを求めるかで使い分けます。なお、このトロイオンスは米英中心に使われているヤード・ポンド法の単位、その中でも特殊なトロイ衡(とろいこう)という単位。

グラムは、世界標準のメートル法に則っているので、金の測り方は、世界的にグラムで統一してくれればいいのにと思います。愚痴はこれくらいにしておきましょう。

日本の金は「日本円&グラム」。欧米は「米ドル建て&トロイオンス」が中心。ということは、海外と日本の金は、重さと為替の二つが違うため、それを計算しないと、高いか安いか分かりません。

  • 日本の金は、1gを日本円にて表示
  • 欧米の金は、1トロイオンス(31.1035g)を米ドルにて表示

欧米のドル建て金/トロイオンスを円建て/グラムに計算する時は以下の式を使います。

●海外の金価格÷31.1035×米ドル/円レート=日本国内の金価格

これで、海外と日本の値段を同じ土俵での比較が可能になります。

参考になりましたか? 次回も宜しくお願い致します。

【シリーズ】実物資産運用基本ガイド

  1. やっぱり純金積立は魅力的?最強の安全資産「金の買い方」基本ガイド
  2. お金を増やしたいなら知ってて当然!「金&プラチナの買い方」基本ガイド
  3. 円安だと金の値段がUP!為替でわかる「金の買い時&売り時」はいつ?

全てのバックナンバーはこちら
実物資産「金・銀・プラチナ」で資産運用

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。