収入と肩書きに歴然の差!「投資する男VSしない男」決定的な差とは?

読了目安[ 3 分 ]

ビジネスで成功したい、お金持ちになりたいなど夢や野望に燃えている方。FXがビジネスに役立つことをご存知でしょうか。

ビジネスとFXは共通要素がたくさん!

ビジネススキルやセンスを磨くには、情報収集能力を向上させて、短い時間で決められる決断力を磨くこと。デキる人とは、情報を集め、必要な情報を取り出して分析できるヤツのこと。

現在のビジネスマンに必要なのは、情報を集めて自分なりに組み合わせる能力。企画書を作るにしても、社内・社外で他の人が作ったものを上手く参考にしないと、最初から良いものは作れません。

FXは、今後の為替相場が上下どちらに動くか予想するために、短い時間で多くの情報を読み分析します。それも偏った情報ではなく、強弱(上下)双方の情報を集めて中立的な立場から判断を下さなければ大変。最初は、時間がかかっても慣れていけば、朝夕の短い時間でOKになるまで上達します。

FXで情報収集力を磨けば、社内であの人に聞けば何でも知っているとの評判が立つことでしょう。新聞やテレビだけの人に差を付けられること間違いなし。

ビジネスで大切なのは決断力

出世し経営に近い立場に立った時に、最も必要になるのは「決断力」。グローバル化でスピード優先の会社が増える昨今、トップダウン型の組織が増えています。時短・残業制限・競争激化の中で、部下から企画・提案が上がってくる余裕が減ったため、上司が明確に指示を行わないと、成果が上がり難くなっています。
では、どうやって決断力を磨くのでしょうか?

FXで決断力を磨けば、あなたもできるビジネスマンに、マネーゴーランド

ビジネススキルの本だと、日常の小さな決断を積み重ねる事と書かれています。レストランのメニュー・電車で座る席・・・確かにそれも大事でしょう。

でも、これくらいでは、決断力を磨くのには物足りません。決断磨きに必要なのは、何といっても「決断の場数」です。その場数を踏むのに最適なのがFX。

FXは大事なお金を投資するため、ビジネスでの判断と同じようなリアリティーを伴います。しかも、売買するチャンスがたくさんある為に、決断するという行いを何度もすることができます。ビジネスで誤った決断を繰り返してしまえば・・・出世なんて夢に終わるでしょう。

決断力を鍛えてプロ経営者を目指そう!

今、ちょうど放送中の大河ドラマ『真田丸』で、豊臣方の総大将「豊臣秀頼」を素質の高い人物として描いています。ただ、悲しいことに、知識・場数を踏んだ経験がないために、部下たちの意見の良し悪しを判断する力が足りません。決断しても淀君に押し切られてしまう始末。彼にもっと決断力があればと思わずにいられません。

欧米のビジネス界では、銀行や証券会社で、ディーリング(為替や株式の売買)や会社分析を行ってきた経歴を持つ人がプロの経営者として、各社の経営陣に迎えられていますが、日本も同様の動きが出る事が増えるかも知れません。

FXで上がるか下がるかを予想して、売買という決断を繰り返す。その結果が利益や損失として出てきます。これを繰り返すことで、予想する力と決断力が鍛えられて、あなたも優れたビジネスマンへと成長できるはず。

【上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから

●トランプが劇的勝利!政策から紐解く「世界情勢&日本への影響」どうなる?
●上場の条件やスケジュールは?株式公開のメリット・デメリット
●楽してお金が欲しい…FXも外貨取引も自動積立を選ぶべき理由

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。