トランプショックで常識外れの相場に…【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

読了目安[ 3 分 ]

11月第3週の見通し(2016/11/21)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「常識が通じない相場展開へ」

トランプ氏が次期大統領に決定したことで市場に大きな変革が起きました。世界中で驚きの声が聴かれましたが、それ以上に驚いたのがドル高と円安、そして世界同時株高になったことです。大統領選前にこの動きを予想できた人は殆どいなかったでしょう。寧ろトランプ氏が当選すればドルや株式市場は暴落するとの見方が大半でした。

トランプ氏は100日で大規模インフラ投資(10年で1兆ドル)や大型減税(法人税を現行の35%から15%へ)、輸入関税の引き上げや移民流入抑制などを挙げています。インフラ投資で新たな病院や学校建設への期待から既に銅などのコモディティー価格が上昇しています。また、輸入関税をかけることで輸入物価が上昇しインフレが進むことになります。更に、移民流入制限で国内の高い労働コストが企業の負担になり、それも物価上昇に繋がるものです。

これらが米長期債利回りの上昇に繋がり、結果的にドルが全面高となりドル円は110円を上抜けて111円近くまで上昇して引けてきました。米国長期金利が上昇したことを受け欧州や日本の長期金利も引きずられて上昇。日本の10年債利回りはマイナスからプラスに転じました。

日銀は金利を0%以下に抑えようと、債券市場では初の指値オペを実施しました。指値オペとはある一定のレベルで無制限に買いを入れるもので、金利の上昇を抑制することが出来ます。結果的に、円の金利が低下したことで日米金利差拡大からドル円の買いに繋がりました。

一方、金利上昇は株価にとってはこれまでネガティブ要因とされていたものが、世界的に株価が上昇。これまでの株価と為替の関係にも変化が見られました。

この動きは今週も継続されると予想されます。ただ、今週は日本の勤労感謝や米国の感謝祭など祝日を挟むために市場の流動性が低下。これまで上昇が続いたドル円の調整売りが強まるとの見方もあります。しかし、今回の相場の動きはこれまでの常識的な見方が通じなくなっています

今年の6月24日のブレグジットも含め、これだけ市場の予想が外れるという事は、これらの動きは偶然のものではなく、必然的に起きたと考えた方が良いかもしれません。
市場は依然としてドルの下落リスクに対する警戒感が根強く、ドルの買い遅れが目立ちます。

常識的には急速に上昇したドルの反動が入る可能性が高いとみるでしょう。しかし、常識が通じないとすれば今週も更にドル円は上昇する可能性が高いとみることが出来ます。
次のドル円の上値目途は115円付近とみています。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。