「お金が大好き」で何が悪い!幸せなお金であるための3つのポイント

読了目安[ 4 分 ]

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。
つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

【お金大好きって言ったら…】

つづみ:パパ、お金好き?

パパ:急になんだ?もちろん好きだよ。いっぱいあると嬉しいねー。

つづみ:そうだよね。僕もそうなんだけど…学校で太郎君にそんなことを言ったら「うわー最低。将来泥棒とかするんじゃねーの」って笑われたんだ。

パパ:ははは!そうか。それはちょっと凹むね。でもきっと太郎君だって、お金はいっぱいあったらいいなって思っていると思うなパパは。

つづみ:そうかなあ。

【お金で不幸にもなる】

パパ: お金があれば幸せと思うよね。もちろんそうなんだけど、じゃあお金自体が幸せを生むツールかというとそうじゃないんだ。

つづみ:え?よく意味がわからない。

パパ:お金がいっぱい欲しいからって、太郎くんが言うように泥棒をしちゃったり、人を殺してしまったり、悪いことをしてしまう人もいるんだよ。あとは、色んなところからお金を借りて返せなくなってしまう人もたくさんいる…そういう人は「お金」で不幸になってしまったんだね。

つづみ:そんなことまでしてお金はいらないのになあ。

パパ:そう思うだろう。でも誰でも、つづみだって、突然お金さんが不幸のツールになっちゃうこともあるんだよ。

つづみ:えー!?

【でもお金で幸せにもなる】

パパ:でもね、つづみもパパもお金が好きで悪くないんだよ。だって、大好きなサッカーの試合を見に行くのも、美味しいお寿司を食べるにも、「お金」は必要だからね。サッカーの試合を見たりお寿司を食べたら幸せになるから、「お金」は人を不幸にすることもあるけれど、幸せにもするツールなんだ。

つづみ:そっか!じゃあ、僕は、幸せになるためのお金が好き!

パパ:そうそう、お金さんに幸せのお金でいてもらうには、つづみ自身が気をつけておかないといけないポイントがあるんだよ。

つづみ:僕自身が?

たった3万円で一儲け!民泊の初期費用&備品リスト【民泊虎の巻】、マネーゴーランド

【幸せなお金でいてもらう3つのポイント】

パパ:

1つは「足りなくならないように考えて使うこと」

お金で不幸になる人は、お金が足りなくて、悪いことをしてでも手に入れたかったり、借金まみれになったりした人たち。そもそも足りなくならなければ問題ないわけだ。難しいけれどね。最低限必要な分は手元にあるように、使うたびに考えようね。

2つめは「困ったら相談すること」

どうやっても生活するお金が足りない場合もある。そんな時は、借金や悪いことをする前に誰かに相談していいんだよ。色んなことを知っている人たちが、どうしたら一番良いかを教えてくれる。恥ずかしくないからね。つづみの場合はまずはパパとママに相談だ。

そして最後は「今あるお金で幸せでいる方法を考えること」

お金自体は良いものでも悪いものでもなくて、単なる紙だったり単なるコイン。感情もないよね。そのお金を幸せに使うか不幸のツールにするかは自分次第。誰でも「お金が足りない」って思うんだけど、でもその中で楽しく幸せに暮らすにはどうしたらいいかなって工夫できる人は強いと思うな。

つづみ:よーし!幸せなお金ゲットのため頑張るぞ!

<幸せなお金でいてもらう3つのポイント>

  • 足りなくならないように考えて使うこと
  • 困ったら相談すること
  • 今あるお金で幸せでいる方法を考えること

※今回で【親子で話そう!おかねの大切さ】は終了となります。ご愛読有り難うございました。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。